基本情報
料金
期間
転職サポート
講師
  料金 分割払い リンク
テックアカデミーロゴ 99,900円〜
※給付金制度あり
月々約4,163円〜 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 169,800円~
※給付金制度あり
月々約7,075円〜 公式
評判
デイトラロゴ 99,800円 月々約4,159円〜 公式
評判
侍エンジニアロゴ 165,000円~
※侍テラコヤは月額2,980円~
月々約6,875円〜 公式
評判
テックキャンプロゴ 657,800円~
※給付金制度あり
月々約27,409円〜 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 647,800円~
※給付金制度あり
月々約26,992円〜 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 440,000円
※全額返金保証あり
月々約18,334円〜 公式
評判
  期間 リンク
テックアカデミーロゴ 4~16週間 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 4~24週間 公式
評判
デイトラロゴ 90日間 公式
評判
侍エンジニアロゴ 4~48週間 公式
評判
テックキャンプロゴ 最短10週間 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 4ヶ月 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 5ヶ月 公式
評判
  転職サポート リンク
テックアカデミーロゴ 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 公式
評判
デイトラロゴ × 公式
評判
侍エンジニアロゴ 公式
評判
テックキャンプロゴ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 〇(10ヶ月間) 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 公式
評判
  講師 リンク
テックアカデミーロゴ 全員が実務経験3年以上の現役エンジニア 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 実務経験豊富な現役エンジニア 公式
評判
デイトラロゴ 現役で活躍するプロ講師 公式
評判
侍エンジニアロゴ 一人の現役エンジニアが卒業までサポート 公式
評判
テックキャンプロゴ 未経験者にプログラミングを教えるプロ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 実務経験豊富なプロ講師 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 経験豊富な現役エンジニア 公式
評判
【今だけ!】無料相談するとアマギフ500円もらえる!
入手

今なら無料相談すると、先着500名限定でAmazonギフトカード500円分プレゼント中です。

  • 当日1時間後から予約OK
  • 8:00〜24:00まで選択OK

\スマホで相談OK/

テックアカデミー公式サイト

無理な勧誘は一切なし!

テックアカデミーキャンペーン

本サイト人気No.1スクール

テックアカデミーの評判・口コミ

【テックアカデミー】WordPressコース徹底解説【オリジナルサイト構築可能】

TechAcademy(テックアカデミー)のWordPress(ワードプレス)コースが気になっています。どんな人が受けるべきか、また価格に見合う結果が得られるかが知りたいです。

そんな疑問に回答します。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • WordPressコースの概要
  • WordPressコースをオススメする人
  • WordPressコースを目指す時の問題点
  • WordPressコースの受講の流れ
  • WordPressコースにかかる料金

 

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながら先輩エンジニアとして、テックアカデミーの『WordPressコース』を紹介していきますのでよかったら最後までご覧ください。

 

テックアカデミーについて、もっと詳しく知りたい人は無料の『受講体験』または『メンター相談』を受けてみてください。

無料体験やメンター相談はいつまで続くかわかりません。

無くならないうちにサクッと体験させてもらいましょう。

\実際に体験できる/

無料体験

\現役のプロに直接聞ける/

無料メンター相談

副業サポートについて詳しく知りたい方は、こちらのページにすべての情報がまとまっていますよ。

>>テックアカデミーの副業サポート

【テックアカデミー】WordPressコース徹底解説【オリジナルサイト構築可能】

今回紹介するのは、プログラミングスクール大手TechAcademy(テックアカデミー)で展開されている『WordPressコース』です。

副業スキルを身に付けたい」

「自分でWebサイトを作ってみたい」

そんな方々の参考になれば幸いです。

 

そもそもWordPress(ワードプレス)って何??

WordPressについて聞いたことはあるけど、実際何なのか説明はできないという方もいるでしょう。

ということでまずはWordPressとはいったい何なのかを解説していきます。

 

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくコンテンツ管理システム (CMS) としてもしばしば利用されている。

引用元:Wikipedia

 

簡単に説明すると、自分でブログを開設したい方(個人、法人含む)や、オリジナルのWebサイトを作りたい方向けのプラットフォームということのようですね。

コードをゴリゴリ書いてカスタマイズすることもできますし、視覚的に操作して簡易的なサイトを作ることも可能です。

今現在、世に出回っている全ウェブサイトの43.2%、CMSの65.2%という驚異的なシェアを誇っています。

Webに携わる人なら知っておいて損はないと言えるでしょう。

 

WordPressコースとは

 

次にテックアカデミーの『WordPressコース』とはどんなコースなのかを説明します。

公式HPでは以下のように紹介されていました。

1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつく学習プログラム。

週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日15〜23時のチャット・レビューサポートで

短期間でオリジナルサイトを構築できるようになる学習プログラム。

あなたのWordPressオリジナルサイトをインターネット上に公開することがゴールです。

引用元:WordPressコース | TechAcademy [テックアカデミー]

 

詳しくは後述もしていきますが、

  • 最短4週間でWordPressでのサイト制作を基礎から学び、実際にWebサイトを開発できる
  • 通過率10%の選考を通過した現役エンジニアのサポートあり
  • マンツーマンメンタリング、チャットサポートなど挫折させないサポートあり

という手厚い内容になっています。

 

サイト制作未経験や初心者の方にとっては、WordPressの使い方はおろかHTMLやCSSなどの学習もとてもハードルが高いし、必要以上に難しく感じるものです。

これだけサポート体制が整っているのは不安な人にとってありがたいですね。

 

また、テックアカデミーの公式YouTubeチャンネルでもWordPressについて解説されていました。

学習の参考までにどうぞ。

 

WordPressコースはこんな人にオススメ

ここからは、WordPressコースをオススメしたい人がどんな人なのかについてです。

 

1.サイト制作に初めて取り組む方

大小さまざまなWeb制作の案件が、世の中にたくさん出されています。

WordPressコースでWebサイト制作を学び、実践することは副業スキルの土台にもなるでしょう。

現在の会社で働きながらキャリアアップ、転職などの選択肢を広げていくことも可能です。

初めてさわると難しいと感じることもあるかもしれませんが、カリキュラムを進めることで確実にWordPressに関するスキルが身についていきます。

 

2.プログラム部分のカスタマイズを習得したい方

WordPressをカスタマイズする際は、同時にPHPというプログラミング言語の理解も必要です。

WordPressコースではPHPの基礎も学ぶことができます。

PHPの理解が進んだら、WordPress以外でも使える可能性が広がります。

 

3.自社サイトを外注費を払わずに作りたい方

サイト制作というのは、外注すると余裕で数十万~数百万円ほどかかることもあります。

ゼロから自分で制作するスキルを手に入れたら、起業した際の初期コスト削減にもつながります。

また、もちろん副業としてサイト制作を請け負うスキルも身につきます。

 

4.更新が楽なサイトを作りたい方

WordPressはCMSなので、Webサイト作成が従来よりとても簡単にできるようになりました。

 

CMSとは・・・

CMSは「Contents Management System」の略称で、日本語では「コンテンツ管理システム」といいます。
「コンテンツ管理システム」とは、ウェブサイトの制作や管理・更新を簡単におこなえるシステムの総称です。
従来、ウェブサイトを構築するためには、HTMLやCSSのコーディングといった特別なスキルが必要でした。
しかし、CMSはそのようなスキルがほとんど必要ありません。
Wordのような使用イメージで、管理画面から画像やテキストを入力します。
技術者に頼ることなく、自分で様々なウェブサイトを制作・管理・更新できる点が大きな特徴です。

引用元:bingo!CMS

 

最新情報にしたりデザインの見直しをしたりと、何かとアップデートする機会の多いWebサイトだと、更新が楽であることはとてもありがたいですよね。

 

WordPress学習をする時の3つの問題点【解決方法あり】

「HTML、CSSをやってみたことはあるけど難しかった」

「これまでWordPressを触ったことがない」

「ちゃんとWebサイトが作れるか不安がある」

そんな方たちに向けて、問題となりうることが3つあるので先にお伝えしておきます。

 

いずれも解決可能ですが、学習開始する前に分かっておきたいポイントとなります。
サカイ

「テックアカデミーを実際に受講した人の評判・口コミを知りたい!」

「テックアカデミーを受けるメリット・デメリットを知りたい!」

そんな方はこちらの記事もご覧ください。

テックアカデミーの評判・口コミ徹底調査|最高?ひどい?実態を丸裸に

1.Webサイト制作を学習する機会がない

身近にサイト構築について相談できる人がいないと独学するしかありません。

プログラミングスクールは東京をはじめとした首都圏に集中していて、授業料が高額になるスクールが多いですよね。

 

WordPressコースなら、通過率10%の選考を通過した現役エンジニアがパーソナルメンターとしてマンツーマンでサポートする体制も整っています。

完全オンラインで講義を受講することが可能なので、地方住まいの人もネット環境さえあれば学習を継続することができます。

 

2.モチベーションが維持できず続かない

独学でサイト制作をすると、どこから始めていいかわからないし何がわからないのかもわからないような迷子状態になりがちです。

調べても答えにたどり着くまでにものすごい時間がかかったり、答えにたどり着けないことさえあります。

 

WordPressコースなら、週に2回のマンツーマンメンタリングサポートがあります。

分からないことや不安なことは包み隠さず伝えましょう。

モチベーションを保ちながら学習を進めることが可能です。

 

3.実案件で通用するかわからない

スキルを習得したとしても、実案件で通用しなかったら意味がありません。

「実際に案件で通用するかわからない」

「案件獲得にどんな準備をすればいいのかわからない」

初めてのWebサイト制作学習の場合、未経験だからこそ何もかもが難しく感じてしまいますよね。

 

WordPressコースなら、メンターは全員、実務経験のある現役のエンジニアのみです。

狭き門を通過したメンターが、あなたを実務レベルに引き上げるサポートを行ってくれます。

ご自身の努力ありきではありますが、現場を知っている人に聞ける環境があるのは心強いものです。

 

テックアカデミーのWordPressコース以外のおすすめコース

テックアカデミーでは、本記事で紹介しているWordPressコース以外にも複数のサービスを提供しています。

 

すべてのコースを比較してみて、どのコースを受講するか検討したいという方。

そんな方は以下の記事を参照ください。

テックアカデミーのおすすめコース3選【目的別に比較もできます】

 

プログラミングを学ぶ目的によって、選ぶコースや学習内容は変えていくべきです。

 

  • 副業スキルを身に付けたい
  • エンジニア転職に成功したい
  • Webサービスを作れるようになりたい
  • スマートフォンアプリを作れるようになりたい
  • Webサイト制作ができるようになりたい
  • AI・データサイエンスを学びたい
  • ゲームアプリ制作がしたい
  • 動画の編集・制作を学びたい
  • Webマーケティングを学びたい
  • 社内の業務効率を改善したい
  • プログラミングの教養を身に付けたい
  • 1〜2週間で学べるコースから選びたい

などなど、目的や希望する学習スタイルはさまざまですよね。

 

受講してみたらイメージと違ったとなってしまうその前に。

受講前に一度ご自身の目的を振り返ってみることをオススメします。

 

WordPressコースの受講の流れ

WordPressコースに申し込んで、どういった流れで学習が進んでいくのかを紹介します。

1.申し込み~アカウント発行

まずはテックアカデミーのWordPressコースサイトから申し込みをしましょう。

こちらよりHPにアクセスしたら、画面最下部まで進んでください。

 

 

このような申込フォームがありますので、必要事項を記入して『申し込む』ボタンをクリックして申し込みをします。

申し込み後に入金の連絡が来ますので、入金をしましょう。

入金まで確認が取れるとアカウントが発行されますので、これでいよいよカリキュラムを開始することができます。

 

アカウントが発行されると、カリキュラムの予習ができます。

学習スタートまでにどんな内容なのかをざっと見ておくのもいいでしょう。

 

注意

フォームで記入したメールアドレス宛に連絡が来ますので、ドメイン受信設定の確認をしましょう。

設定によってはうまく受信できなかったり、迷惑メール扱いになってしまうことがあります。

 

2.学習開始

学習開始日になるとメンターによるサポートが始まります。

カリキュラムはすべてオンライン完結です。

学習、課題作成を進めていき、短期間でのオリジナルサイトの開発を目指します。

 

わからないことがあれば、マンツーマンメンタリングやチャットを駆使して疑問を解消しましょう。

わかるまで質問して、できなかったことができるようになっていくのがWordPress学習習得への近道です。

 

3.オリジナルサイトを公開

自分のアイデアを形にしたオリジナルサイトを世界に公開します。

公開に関わる必要なことはパーソナルメンターが徹底サポートしてくれるので安心です。

ここまで学習を進めてWebサイトを作る経験を積んでいくと、WordPressの楽しさがわかってきますよ。

 

WordPressコースでは、具体的に以下のスキルを身に付けることができます。

  • WordPressの概要の理解
  • サイト制作における企画・設計・制作・運用の理解
  • HTML/CSSの理解と既存WordPressテーマのカスタマイズ
  • プラグインを利用した機能追加
  • PHPの理解とオリジナルWordPressテーマの作成

 

自分の作ったサイトが、自分の思った通りに表示されたり、自分の思った通りに動くと感動しますよ。
サカイ

 

4.コンテスト

オンラインブートキャンプ終了後は、自分のプロダクトや成果を応募するコンテストが待っています。

第一線で活躍するプロにここまでの学習の成果を評価してもらえるチャンスです。

共に頑張ってきた同士達と競いつつ、受賞を目指して最終成果をブラッシュアップしましょう。

 

全国から寄せられるエントリーの中から、受賞者には商品も用意されているようです。

社会人になるとなかなか人と競う機会が減りますよね。

こういった機会はとても貴重ですし、負けず嫌いの人はとことんこだわってカッコイイWebサイトを作っちゃいましょう(笑)

 

WordPressコースにかかる料金

とても良いコースなのはわかったけどどれくらい費用が掛かるのかが気になります。プログラミングスクールって高額なところが多いので不安です・・・。

 

【重要】料金は4週間で¥174,900(税込)

WordPressコースにかかる料金は以下の通りです。

 

期間は最短4週間~16週間プランまで、社会人なのか学生なのかによって料金が変わってきます。

 

価格重視の方は、4週間プランで174,900円(学生は163,900円)。

じっくり学びたい方は、16週間プランで339,900円(学生は262,900円)。

となっています。

 

おすすめプランは16週間プラン

4週間、8週間、12週間、16週間、4種類のプランから選べるのですが、どのプランがオススメなのでしょうか?

こんな疑問を持つ方も多いでしょう。

 

現役エンジニアの立場から見ると、16週間プランがもっともおすすめです。

 

なぜなら、Webサイト作成の理解やプログラミング言語の習得には時間がかかるものだから。

サポートしてもらえる期間が長ければ長いほうが、習熟度は高くなる傾向にあります。

 

期間が長ければ長いほど、単位時間当たりの料金も安くなりますのでコスパはいいですよ。

もちろん合計金額は高くなるので、予算と相談しながらプランを検討してみてください。

 

他スクールとの比較

前項でWordPressコースの料金、おすすめプランをお伝えしましたが、他のスクールと比較して高いのか安いのかも気になるところです。

ということでこちらをどうぞ。

 

 

比較してみると、料金はもちろんサポート体制も他社に見劣りしないどころか、むしろかなり手厚い内容になっていることがわかります。

ぶっちゃけ安いスクールを探そうと思えば、いくつか見つけることはできると思います。

ただ、実績充分で認知もされているテックアカデミーなので、なにかと安心して受講することができそうです。

 

WordPressコースのコスパを計算

安くても174,900円、おすすめした16週間プランだと339,900円かかります。

約34万円という金額は決して安いものではありません。

正直すぐに手が出るものではないですよね。

 

一括払いはなかなか難しい方も、分割払い対応してるので安心ください。

社会人の方は月々約7,288円〜、学生の方は月々約6,830円〜でも支払いはできます。

 

分割払いを検討されている方は、こちらの記事も合わせてどうぞ。

テックアカデミーの料金は分割払い対応している?【結論:分割できます】

 

34万円とだけ聞くとぶっちゃけ高く感じるので、コスパがいいのかを計算してみましょう。

16週間で339,900円なので、1週間に換算すると約21,244円です。

1日当たりに換算すると約3,035円です。

将来の大きな結果を得るために、1日3,000円強の投資というのは決して高すぎはしないのではないでしょうか。

 

もしも解約したくなったら・・・

もしも解約したくなったら料金は返金されるのでしょうか?

 

支払った料金は、条件を満たせば全額返金されます。

ただし、条件を満たさない場合は返金されません。

 

条件の詳細や注意点について気になる方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

受講前にチェックしておきましょう。

【テックアカデミー】解約時の返金条件、注意点まとめ|受講前に要チェック

 

おわりに【まずは無料体験から】

今回は、『【テックアカデミー】WordPressコース徹底解説【オリジナルサイト構築可能】』というテーマでお話してきました。

 

HTML、CSSやWordPressをイチからやると習得するまではとても長く感じますし、はじめは特に難しくて挫折しそうにもなるでしょう。

しかし、毎日一歩ずつ学習を積み重ねれば確実にスキルアップしていきます。

本記事で紹介したことが、WordPressコースの受講を検討している方にとって参考となっていたらうれしい限りです。

 

テックアカデミーについて、もっと詳しく知りたい人は無料の『受講体験』または『メンター相談』を受けてみてください。

無料体験やメンター相談はいつまで続くかわかりません。

無くならないうちにサクッと体験させてもらいましょう。

\実際に体験できる/

無料体験

\現役のプロに直接聞ける/

無料メンター相談

副業サポートについて詳しく知りたい方は、こちらのページにすべての情報がまとまっていますよ。

>>テックアカデミーの副業サポート

本記事は以上となります。

スクール選びに迷ったらテックアカデミー!

テックアカデミーは、料金や講師の質、転職サポート、これまでの実績など総合的にもっともオススメできるプログラミングスクールです。

現役エンジニアとして10年以上プログラミングやシステム開発に携わった経験、メディア運営者としてプログラミングスクール30社以上比較・レビューしてきた経験から自信を持って推奨します。

強いてデメリットを挙げるとしたら『オンライン対応のみ』ってことくらい。

「オフラインで直接指導を受けたい」といった方以外はテックアカデミーを選んでおけば間違いありません!

受講前に無料相談を受けることもできるので、「初心者でも大丈夫か?」「副業で稼げるのか?」といった疑問にもしっかり答えてもらえますよ。

テックアカデミー公式サイトを見る

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

プログラミングスクール選びに迷ってる方に向けて、ベストな選択ができるようにサポートをしてます。 【経歴】1986年生まれ ▶ 茨城県出身▶ 大学で福島県へ▶ 就職で東京▶ 某SIer企業で丸7年正社員として勤務▶ 独立してフリーランスエンジニア ● 2020年7月ブログスタート ● エンジニア歴13年(内フリーランス歴6年) ●プログラミングスクール30社以上見てきた経験から、初心者におすすめできるスクールを掲載中

-テックアカデミーの評判・口コミ

© 2020 初心者向けプログラミングスクールおすすめサイト|さかこじぶろぐ

お得なキャンペーン情報はコチラ
お得なキャンペーン情報はコチラ