基本情報
料金
期間
転職サポート
講師
  料金 リンク
テックアカデミーロゴ 99,900円〜
※給付金制度あり
公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 169,800円~
※給付金制度あり
公式
評判
デイトラロゴ 99,800円 公式
評判
侍エンジニアロゴ 165,000円~
※侍テラコヤは月額2,980円~
公式
評判
テックキャンプロゴ 657,800円~
※給付金制度あり
公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 647,800円~
※給付金制度あり
公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 440,000円
※全額返金保証あり
公式
評判
  期間 リンク
テックアカデミーロゴ 4~16週間 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 4~24週間 公式
評判
デイトラロゴ 90日間 公式
評判
侍エンジニアロゴ 4~48週間 公式
評判
テックキャンプロゴ 最短10週間 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 4ヶ月 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 5ヶ月 公式
評判
  転職サポート リンク
テックアカデミーロゴ 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 公式
評判
デイトラロゴ × 公式
評判
侍エンジニアロゴ 公式
評判
テックキャンプロゴ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 〇(10ヶ月間) 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 公式
評判
  講師 リンク
テックアカデミーロゴ 全員が実務経験3年以上の現役エンジニア 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 実務経験豊富な現役エンジニア 公式
評判
デイトラロゴ 現役で活躍するプロ講師 公式
評判
侍エンジニアロゴ 一人の現役エンジニアが卒業までサポート 公式
評判
テックキャンプロゴ 未経験者にプログラミングを教えるプロ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 実務経験豊富なプロ講師 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 経験豊富な現役エンジニア 公式
評判

DIVE INTO CODEの評判・口コミ

【DIVE INTO CODE】Webエンジニアコース フルタイム徹底解説

2021年12月7日

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)のWebエンジニアコースが気になっています。どんな人が受けるべきか、また価格に見合う結果が得られるかが知りたいです。

そんな疑問に回答します。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • Webエンジニアコースの概要
  • Webエンジニアコースをオススメする人
  • Webエンジニアコースを学ぶ時の問題点
  • Webエンジニアコースの受講の流れ
  • Webエンジニアコースにかかる料金

 

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながら同じエンジニアとして、DIVE INTO CODEの『Webエンジニアコース』を紹介していきますのでよかったら最後までご覧ください。

 

メモ

もっと詳しく知りたい人は無料のオンライン個別相談会を試してみてください。

オンライン個別相談会に参加するだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

【DIVE INTO CODE】Webエンジニアコース フルタイム徹底解説

今回紹介するのは、プログラミングスクール大手DIVE INTO CODEで展開されている『Webエンジニアコース』です。

「Webエンジニアになりたい」

「エンジニア就職したい」

「Webサービスを開発できるようになりたい」

そんな方々の参考になれば幸いです。

 

Webエンジニアコースとは

 

まずは『Webエンジニアコース』とはどんなコースなのかを説明します。

公式サイトには以下のような説明が記載されていました。

Webエンジニアコースは、最短の期間で確実にプロのスタートラインに立てる人材の育成を目的としています。
現場で使われている知識や技術をできる限り網羅し、現場の知見を持った人材を育成することに重きをおいています。
Webエンジニアになるための第一歩を踏み出しましょう。

 

特徴をまとめると以下の通りです。

詳しくは後述もしていきますが、

  • 未経験でもOK
  • 4ヶ月フルタイムでプログラミングの基礎を学び、Webエンジニア就職を目指せる
  • 実践の研修課題、コードレビュー、チーム開発といった実践型カリキュラム
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーによる就職サポートあり

という手厚い内容になっています。

 

プログラミング未経験や初心者の方にとっては、システム開発だとか言われてもとてもハードルが高いし、必要以上に難しく感じるものです。

これだけサポート体制が整っているのは不安な人にとってありがたいですね。

 

Webエンジニアコースはこんな人にオススメ

ここからは、Webエンジニアコースをオススメしたい人がどんな人なのかについてです。

 

1.Webエンジニアとして活躍したい社会人の方

大小さまざまなWeb制作の案件が、世の中にたくさん出されています。

Webアプリケーションコースでシステム開発を学び、実践することはWebエンジニアとして活躍する土台となるでしょう。

現在エンジニアだけどプログラミング未経験だという方は特に、今後のキャリアの幅を広げるきっかけにできます。

初めてさわると難しいと感じることもあるかもしれませんが、カリキュラムを進めることで確実にRubyスキルが身についていきます。

 

2.スキルを身につけ周りに差をつけたい学生の方

小学校でも必修化したプログラミングなので、周りと差を付けたい学生の方にもおすすめできます。

これからの時代に確実に求められるようになるクリエイティブなスキル、ソフトウェアを作り出す力が身につきます。

テクノロジー分野の素養があるとどんな分野にも生かせるので、同世代から一歩も二歩も抜き出ることが可能です。

 

3.時間と場所にとらわれない働き方をしたい方

Webアプリケーション開発で稼ぐことができると、いつでもどこでも自分のペースで仕事をすることが可能になります。

本業としてがっつり稼ぐことも、副業として月数万円プラスで稼ぐという選択もできます。

「自由な生き方をしたい」「自分で自分の人生をコントロールできるようになりたい」という方にオススメです。

 

4.Webサービスを開発して起業したい方

Apple創業者 スティーブ・ジョブズ、Facebook CEO マーク・ザッカーバーグなどなど、世界経済に大きな影響を与えている起業家でエンジニア出身者は数多く存在します。

日本でも「2ちゃんねる」を開設したひろゆきさん(西村博之)やホリエモンこそ堀江貴文さんなんかもエンジニア上がりです。

自分でサービスを作れるようになるということは、開発者になるかはともかく確実に将来的に役立つスキルとなるでしょう。

 

Webエンジニアを目指す時の3つの問題点【解決方法あり】

「Rubyをやってみたことはあるけど難しかった」

「これまでHTMLやCSSを勉強したことがない」

「ちゃんとアプリケーション開発できるか不安がある」

そんな方たちに向けて、問題となりうることが3つあるので先にお伝えしておきます。

 

いずれも解決可能ですが、学習開始する前に分かっておきたいポイントとなります。
サカイ

ポイント

「DIVE INTO CODEを実際に受講した人から話を聞きたい」

「受講生の評判・口コミってどうなの?」

そんな方はこちらも参考にご覧ください。

【必見】DIVE INTO CODEの評判・口コミ調査&現役SEの考察

1.プログラミングを学習する機会がない

身近にプログラミングについて相談できる人がいないと独学するしかありません。

独学ではわからないことの解決に時間がかかりますし、本気で取り組む環境を作りにくいですよね。

 

Webエンジニアコースなら、4ヶ月間の期間中、月火水木金 10:00~19:00のフルタイムで学習に取り組みます。

プログラミング学習に時間も労力もコミットするので、最速でスキル習得を目指すことができます。

 

2.モチベーションが維持できず続かない

独学でプログラミング学習をすると、どこから始めていいかわからないし何がわからないのかもわからないような迷子状態になりがちです。

調べても答えにたどり着くまでにものすごい時間がかかったり、答えにたどり着けないことさえあります。

 

Webエンジニアコースなら、実践の研修課題、コードレビュー、チーム開発といった手厚いサポートが用意されています。

分からないことや不安なことは包み隠さず伝えましょう。

モチベーションを保ちながら学習を進めることが可能です。

 

3.実案件で通用するかわからない

スキルを習得したとしても、実案件で通用しなかったら意味がありません。

「実際に案件で通用するかわからない」

「案件獲得にどんな準備をすればいいのかわからない」

初めてのWebアプリケーション開発学習の場合、未経験だからこそ何もかもが難しく感じてしまいますよね。

 

Webエンジニアコースなら、プログラミング学習のエキスパートであるメンター陣が全面的に学習をサポートしてくれます。

実際の開発現場に行って即戦力となれるように、自走力が身に付くように教えてくれますよ。

ご自身の努力ありきではありますが、スキルを身につける環境はかなり整っているといえるでしょう。

 

Webエンジニアコースの受講の流れ

Webエンジニアコースに申し込んで、どういった流れで学習が進んでいくのかを紹介します。

 

1.無料オンライン個別相談会~受講手続き

まずはDIVE INTO CODEのWebエンジニアコースサイトから申し込みをしましょう。

こちらよりHPにアクセスしたら、画面上部の「オンライン個別相談会」ボタンをクリックしてください。

希望日時を選択し、必要情報を入力したら申し込みは完了です。

 

注意

記入したメールアドレス宛に連絡が来ますので、ドメイン受信設定の確認をしましょう。

設定によってはうまく受信できなかったり、迷惑メール扱いになってしまうことがあります。

 

無料オンライン個別相談会を試してみて受講を決めた場合、受講の契約を進めます。

実際に学習した時のことをイメージしながらレッスンを体験すると、より受講後の認識相違が少なくなります。

 

2.プログラミング学習(受講開始)

学習環境が整ったら、あとは学習あるのみです。

Webエンジニアコースでは、以下のカリキュラムで学ぶことができます。

 

入門Term

プログラミングの基礎を学ぶ

  • HTML・CSSシリーズ
  • Git/GitHubシリーズ
  • JavaScriptシリーズ
  • Rubyシリーズ
  • RDBMS / SQLシリーズ
  • Web技術入門シリーズ

 

基礎Term

アプリケーション作成

  • Ruby on Rails入門シリーズ
  • ActiveRecord入門シリーズ
  • Heroku入門シリーズ
  • ローカル環境構築シリーズ
  • Ruby on Rails基礎シリーズ
  • チューニング

 

就職Term

現場で使われるツールや開発サイクルを経験

  • 実技研修シリーズ(受託会社入社課題・研修課題)
  • Web技術実践シリーズ
  • Vue.jsシリーズ
  • AWS環境構築シリーズ
  • ソースコードリーディングシリーズ
  • 模擬案件チーム開発シリーズ
  • 卒業課題・オリジナルアプリケーション開発

 

学習、課題作成を進めていき、短期間でのWebエンジニア就職を目指します。

わからないことがあれば、メンターにたくさん質問して疑問を解消しましょう。

わかるまで質問して、できなかったことができるようになっていくのがプログラミング学習の近道です。

 

3.就職活動

エンジニア転職を目指す方は、プログラミング学習のカリキュラムを終了したらいよいよ就職活動です。

せっかくスキルを身に付けたのに、就職活動がうまくいかなかったら元も子もありません。

 

DIVE INTO CODEでは、経験豊富なキャリアアドバイザーが就職サポートを行ってくれます。

プログラミングにもスキルが必要なのと同じで、就職・転職にもスキルがあります。

ここまでサポートしてくれるのは非常にうれしいですよね。

 

Webエンジニアコースにかかる料金

とても良いコースなのはわかったけどどれくらい費用が掛かるのかが気になります。プログラミングスクールって高額なところが多いので不安です・・・。

 

【重要】料金は4ヶ月で647,800円(税込)⇒割引あり

Webエンジニアコースにかかる料金は以下の通りです。

DIVE INTO CODE Webエンジニアコース料金

 

期間は4ヶ月で、条件を満たすと最大45万円の給付金を受けることができます。

 

給付金なしの場合、647,800円(入学金100,000円+受講料547,800円)。

給付金ありの場合、197,800円。

となります。

 

使用する教科書は下記リンクからご確認ください。

 

ぶっちゃけ安いスクールを探そうと思えば、いくつか見つけることはできると思います。

ただ、実績充分で認知もされているDIVE INTO CODEなので、なにかと安心して受講することができそうですね。

 

Webエンジニアコースのコスパを計算

給付金ありでも197,800円、普通に受講すると647,800円かかります。

約65万円という金額は決して安いものではありません。

正直すぐに手が出るものではないですよね。

 

65万円とだけ聞くとぶっちゃけ高く感じるので、コスパがいいのかを計算してみましょう。

4ヶ月(≒16週間)で647,800円なので、1週間に換算すると40,488円です。

1日当たりに換算すると約5,784円です。

将来の大きな結果を得るために、1日6,000円弱の投資というのは決して高すぎはしないのではないでしょうか。

 

Rubyを学びたい人が通うべきその他のプログラミングスクール

本記事をご覧のあなたは、未経験からRubyを学んでいきたい人だと思います。

今回紹介したDIVE INTO CODEのWebエンジニアコースは、ここまで紹介した通りRubyスキル習得にうってつけのスクールといえます。

 

ただ、こんな疑問を持つ方もいるでしょう。

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースが良いのはわかったけど、他のスクールではダメなの??

 

複数のスクールを比較してみて、自分に合うプログラミングスクールを選びたいという方はこちらの記事をご覧ください。

Rubyが学べるおすすめプログラミングスクール

 

Rubyを学びたい人にオススメのスクールを紹介しています。

いずれも特徴は違えど、未経験からRubyスキルを習得できるスクールとなっています。

もしよかったら参考になさってください。

 

おわりに【まずは無料オンライン個別相談会から】

今回は、『【DIVE INTO CODE】Webエンジニアコース フルタイム徹底解説』というテーマでお話してきました。

 

プログラミングをイチからはじめて習得するまではとても長く感じますし、はじめは特に難しくて挫折しそうにもなるでしょう。

しかし、毎日一歩ずつ学習を積み重ねれば確実にスキルアップしていきます。

本記事で紹介したことが、Webエンジニアコースの受講を検討している方にとって参考となっていたらうれしい限りです。

 

メモ

もっと詳しく知りたい人は無料のオンライン個別相談会を試してみてください。

オンライン個別相談会に参加するだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

 

本記事は以上となります。

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

プログラミングスクールアドバイザー 【経歴】1986年生まれ ▶ 茨城県出身▶ 大学で福島県へ▶ 就職で東京▶ 某SIer企業で丸7年正社員として勤務▶ 独立してフリーランスエンジニア ● 2020年7月ブログスタート ● エンジニア歴13年(内フリーランス歴6年) ●プログラミングスクール関連記事300記事超 ●プログラミングスクール30社以上見てきた経験からスクール選びサポートしてます。

-DIVE INTO CODEの評判・口コミ

© 2020 初心者向けプログラミングスクールおすすめサイト|さかこじぶろぐ

お得なキャンペーン情報はコチラ
お得なキャンペーン情報はコチラ