プログラミングスクール

【必見】DIVE INTO CODEの評判・口コミ調査&現役SEの考察

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)でプログラミングを学ぶことを検討しています。

コース内容や評判・口コミなど、ちゃんとスキルが身に付くのかが知りたいです。

そんな疑問に回答します。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • DIVE INTO CODEの特徴
  • DIVE INTO CODEの提供コース紹介
  • DIVE INTO CODEの良い評判・口コミ
  • DIVE INTO CODEの悪い評判・口コミ
  • DIVE INTO CODEを受講するメリット・デメリット
  • DIVE INTO CODEについて現役SEの考察
  • DIVE INTO CODEを受講すべき人の特徴
  • DIVE INTO CODEを受講すべきでない人の特徴
  • DIVE INTO CODEに関するよくある質問

 

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながら先輩エンジニアとして、DIVE INTO CODEの評判・口コミを徹底調査しましたのでよかったら最後までご覧ください。

 

もっと詳しく知りたい人は無料のオンライン個別相談会を試してみてください。

オンライン個別相談会に参加するだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

 

目次

【必見】DIVE INTO CODEの評判・口コミ調査&現役SEの考察

DIVE INTO CODE TOPページ

今回紹介するのは、プログラミングスクール大手DIVE INTO CODEの評判・口コミについてです。

DIVE INTO CODE受講を検討している方にとって参考になれば幸いです。

 

DIVE INTO CODEの特徴

評判・口コミの調査結果を見ていく前に、まずはDIVE INTO CODEとはどういったスクールなのか、その特徴について振り返っておきましょう。

 

DIVE INTO CODEは、就職することを目的としたプログラミングスクールです。

プログラミングスクールの受講を検討している方は、一度は聞いたことがありますよね。

それくらい業界内ではかなり規模の大きな部類に入るプログラミングスクールといえます。

 

特徴としては以下の点が挙げられます。

DIVE INTO CODEの特徴

  • 未経験でもOK
  • 4ヶ月フルタイムでプログラミングの基礎を学び、Webエンジニア就職を目指せる
  • 実践の研修課題、コードレビュー、チーム開発といった実践型カリキュラム
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーによる就職サポートあり

 

業界最大級のスクールなだけあって、そのサービス内容はとても充実しています。

これだけサポート体制が整っているプログラミングスクールはなかなかありません。

他スクールに引けを取らないサービス内容であることは間違いないでしょう。

 

DIVE INTO CODEの提供コース紹介

DIVE INTO CODE コース一覧

DIVE INTO CODEで提供されているコースは次の4つです。

コース一覧

  • Webエンジニアコース フルタイム
  • Webエンジニアコース ウィークリーサポートコース
  • DIVER Learnings
  • DIVE INTO EXAM

 

Webエンジニアコース フルタイムの料金

Webエンジニアコース フルタイムにかかる料金は以下の通りです。

DIVE INTO CODE Webエンジニアコース フルタイム料金

 

Webエンジニアコース ウィークリーサポートコースの料金

Webエンジニアコース ウィークリーサポートコースにかかる料金は以下の通りです。

DIVE INTO CODE Webエンジニアコース ウィークリーサポート料金

 

DIVER Learningsの料金

DIVER Learningsにかかる料金は以下の通りです。

DIVE INTO CODE DIVER Learnings料金

 

DIVE INTO EXAMの料金

DIVE INTO EXAMにかかる料金は以下の通りです。

DIVE INTO CODE DIVE INTO EXAM料金

 

DIVE INTO CODEの良い評判・口コミ

ここからは、DIVE INTO CODEを実際に受講している人のリアルな声を紹介していきましょう。

まずは良い評判・口コミからです。

受講生の発信なので、かなり信憑性は高いと言えるでしょう。

 

1.成長を感じることができた

同期に教える経験は良い経験だった。オリジナルアプリ制作で一気に成長したと感じた。たまにメンターさんのへの質問時間が長い時があるので、増
やして欲しいと感じることがあった。

 

DIVE INTO CODEはチーム開発を体験できるプログラミングスクールなので、お互いに考えながら学習を進めることができます。

 

「実案件に近い環境で学びたい」

「切磋琢磨しながら学習できる仲間が欲しい」

など、他のスクールにはなかなかない経験をメリットに感じる人が多そうですね。

 

2.メンターが丁寧に教えてくれる

学んだことを習得したのはもちろんなのですが、学んでいないことでも感覚で解決策を導き出せるようになったことが一番の成果だったと思います。例
えばcssやbootstrapなど、途中ほとんど触っていないが、プログラミングに慣れたのか、なぜかできる。という状況を何度か経験しました。

 

DIVE INTO CODEは、問題解決能力が身に付くカリキュラムが整っています。

答えだけでなく導き方から習得できるので、プログラミング未経験の人にとっても安心といえます。

 

「何度も質問するとイヤな顔されそう」と思ってしまいがちですが、メンターさんは丁寧にやさしく教えてもらえるという声がありました。

学習に苦手意識がある人も、丁寧にサポートしてもらえるなら安心してカリキュラムを進められますね。

 

3.コミュニケーション力がついた

ペアプロやグループワークを通じて、人前で自分の考えを主張するコミュニケーション力をつけられたのは大きな成長だった。また、自分が人と一緒に
なって作業をすることが好きなんだということが改めて知れたのは良い経験だった。

 

DIVE INTO CODEでは、孤独にマイペースに学ぶのではなく、コミュニケーションを取りながらみんなで学習を進めます。

ただ座って講義を聞いているだけでなく、コードを書いたり、ディスカッションをする機会はとても多そうです。

いい意味でケツを叩いてくれる人がいるので、忙しいビジネスパーソンもモチベーションを維持しながらカリキュラムを進められそうですね。

 

4.オリジナルサービスを1から作れた

フルタイムのスクールのため、仕事・プライベートとの両立が大変だったが、ポートフォリオとして自分でサービスを 1から作れたことは本当に良い経験になったため、通って良かったと思う。

 

DIVE INTO CODEでは、ポートフォリオとしても使えるオリジナルサービスを作ることができるようになります。

せっかく勉強してスキルを身に付けても、案件を獲得できなければ元も子もありません。

未経験からスタートしても、しっかり勉強すれば仕事につながることが証明されています。

最初は苦戦すると思いますが、経験を積むことで分厚いポートフォリオを作ることができるでしょう。

 

DIVE INTO CODEの悪い評判・口コミ

良い評判に続いて、ここからはDIVE INTO CODEの悪い評判・口コミを紹介していきます。

世の中に完璧なものは存在しません。

 

どれだけ良いと思っているサービスにもぶっちゃけ問題点があったりします。

悪い部分も考慮したうえで、受講を検討していただければと思います。

 

1.グループワーク、ペアプロなどが機能していない

スキルアップは実感できたものの、コロナ禍であったためにオンラインスクールならではの良さ (グループワーク、ペアプロなど )がほぼほぼ死んでおり、それを考えると70万近くの出費はかなり大きいように感じた (コロナ自体予測できない事象であったため仕方がないと思いますが ...)

 

チーム開発をしながら学べるのが好評な声もあった一方で、コロナ渦の影響でうまく機能していなかったという声もありました。

スキルアップはできたようなのですが、スクールが押し出しているメリットを感じにくいと満足度も下がってしまいますよね。

高い料金がかかるので、受講前にどんな学習スタイルになっているのかを確認する必要はあるでしょう。

 

2.余裕がなくつらかった

オブジェクト指向グループワークとプロフェッショナルプレゼンは良い経験でしたが、進捗を進めることでいっぱいいっぱいになり余裕が無く、遊び心をもって付随するテーマを掘り下げたり、周囲との技術的な交流を思うように深められず辛かったです。正直、成長よりも衰えを感じる時の方が多かったです。

 

日々のやることに忙殺されて、成長どころか衰えすら感じるとの声もありました。

学習をする上で、やった感というのは意外と大事だったりします。

 

難しすぎても挫折してしまうし、かんたんすぎても成長を感じられませんよね。

一人一人に合わせてカリキュラムを提供するわけではないので、難易度の感じ方が変わってくるのはデメリットになり得るということがわかりました。

 

3.メンターが少ない

日々勉強することで理解が増していった実感を感じられ、自分の作品を作っているときに特に成長を感じられ良かったです。一方、入ってくる人数に対してのメンターの数が少ない状態だと思うので、キャパオーバーは解消した方が良いと思いました。

 

受講生同士で問題解決するのが好評な一方で、メンターの数が少なく感じる声もいくつか見受けられました。

特に未経験からプログラミング学習を開始している人にとっては、調べ方から何から難しいことばかりですよね。

 

有識者にとっては問題ないことでも、初学者には大きな壁に感じてしまうものです。

メンターのサポート体制は改善の余地がありそうです。

 

DIVE INTO CODEを受講するメリット・デメリットまとめ

ここまで、DIVE INTO CODEを受講した人の実際の評判・口コミを紹介してきました。

良い面も悪い面も確認することができたので、参考になったのではないでしょうか。

 

ここからは、今までの意見を踏まえた上で受講のメリット・デメリットをまとめていきます。

口コミを調査してみてわかったことについて、3つの観点でお伝えしていきますね。

 

1.メンターについて

DIVE INTO CODEの口コミをいくつか見てみましたが、メンターに関しての評価はどうしてもばらつきがありそうです。

 

「メンターさんが丁寧に教えてくれてわかりやすかった」

と、とてもポジティブな意見がある一方で、

「メンターの数が足りてない」

「メンターの質にばらつきがあった」

といった意見も見られました。

 

相性の問題もあるでしょうが、メンターとうまくやっていけないと思ったようにスキルが身につかない可能性もあります。

  • 聞きたいことをまとめておく
  • 具体的にどこでつまづいているのか伝える
  • スケジュールが余裕なのかギリギリなのかを相談する

など、受講生としてできる限り自分の状況がわかりやすいようにすると、これらの問題も解消されやすくなるかもしれません。

 

2.カリキュラムの難易度の感じ方について

DIVE INTO CODEのカリキュラムですが、その難易度は人によってどう感じるかが違います。

 

「思ったよりかんたんすぎる」

と思ってしまう人もいれば、

「難しすぎて全然進めることができない」

と感じる人もいるでしょう。

 

カリキュラムを修了した後に実務で通用するレベルになっていればいいのですが、そもそもその前に挫折してしまったら元も子もありません。

受講開始してから気づく前に、難易度が自分に適したものかどうかをオンライン個別相談会で確認しておくといいでしょう。

 

3.受講後のスキル習熟度について

今回調査した限りでは、DIVE INTO CODE受講後に実践的なプログラミングスキルや自走力が身に付いたという声が多く見つかりました。

それだけ、しっかりと学習をしたらスキルが身につくという証拠でしょう。

 

一方で、受講生全員が卒業できるというわけではないようです。

途中で挫折してしまう人も一部ですが存在はするようです。

 

難しいという声もありますが、本気で取り組みたい人にはうってつけのスクールだといえます。

「未経験からエンジニア転職をしたい」

「副業としてWeb制作を始めたい」

そんな方々にとっては、DIVE INTO CODEは実績も伴っているプログラミングスクールでしょう。

 

もっと詳しく知りたい人は無料のオンライン個別相談会を試してみてください。

オンライン個別相談会に参加するだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

 

DIVE INTO CODEについて現役SEの考察

現役エンジニアの僕から見て、DIVE INTO CODEのサービスについて考察してみました。

10年以上エンジニア経験があるので、ある程度の信ぴょう性はあるのではないかと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

【最大のメリット】実務に近いシステム開発経験ができること

僕がDIVE INTO CODEのサービスを見て感じた一番のメリットは、【実務に近いシステム開発経験ができること】です。

Webエンジニアコース フルタイムの場合、4ヶ月という短期間で要件定義~アプリ開発まで経験できるので、より実践的な内容を効率的にギュっと学ぶことができます。

 

実際の開発現場でも、納期までに開発を終えることが求められます。

  • チーム開発
  • オリジナルアプリケーション開発
  • 短納期(4ヶ月)

というのは、かなり実践的な内容であると断言します。

実際にエンジニア転職する前に、これらの経験ができるのはかなりすごいことですよ。

控えめに見てメリットしか見当たりません。

 

本気で学ぶ覚悟が必要

前述の通り、短期間に集中して勉強に取り組む必要があります。

仕事の合間の時間を使ったり、休日を遊んで過ごしていては思うように学習は進みません。

 

つまり、『本気でエンジニア転職をしたい!』という強い決意がある必要があります。

気軽な気持ちで臨むと途中で挫折する可能性が高くなりますので、どうしようか迷ってる人はむしろ受講しない方がいいと思います。

生半可な覚悟で受講していると、いくらサポートがあっても転職がうまくいくはずがありません。

 

とはいえどんな感じで進んでいくのか、実際に聞いてみないとわからないこともあるので、まずはオンライン個別相談会への参加から始めてみるというのが良いでしょう。

 

DIVE INTO CODEを受講すべき人の3つの特徴

ここからは、DIVE INTO CODEを受講すべき人の特徴についてです。

3つの観点でお伝えしますので、ご自身に当てはまっているか確認してみてください。

 

1.本気でエンジニアになりたい人

プログラミング学習にはどうしても向き不向きがあります。

「いざやってみたら自分には合わない」

「仕事としてやっていける気がしない」

となってしまったら残念ですよね。

 

DIVE INTO CODEは、実務レベルのカリキュラムをチームで開発しながら学ぶことが可能です。

厳しいスケジュールに感じる人もいますが、本気でエンジニアになりたい人には適しているといえます。

 

「確実にITエンジニアになりたい」

「実践的なスキルを身に付けたい」

など、本気で学びたい方には強くお勧めできます。

 

2.地方在住で上京予定のある人

DIVE INTO CODEは、オンラインで学べるプログラミングスクールです。

現在地方在住だけどエンジニア転職後に上京予定だという方にとって、ネット環境さえあれば学べるというのは大きいですよね。

就職先はやはり東京などの都会が多くなっていますが、あくまでも就職が決まってから考えたいという方にとってもオススメできます。

 

3.主体的に学習ができる人

チーム開発で学習できるDIVE INTO CODEですが、1人でも主体的に学習できる必要はあると考えます。

自分で決めたスケジュール通りに学習を進めること、チームの開発進捗を進めることを同時にできることで実務レベルのエンジニアに近づきます。

誰かにおんぶに抱っこの姿勢の方は、むしろ受講を控えたほうが良いでしょう。

 

 

DIVE INTO CODEを受講すべきでない人の3つの特徴

ここからは反対に、DIVE INTO CODEを受講すべきでない人の特徴についてです。

3つの特徴に当てはまる人は受講しないほうがいいかもしれません。

「思っていたのと違う」とならないように事前にチェックしていただければと思います。

 

1.他責思考の人

「カリキュラムが合わない」

「メンターが丁寧に教えてくれない」

など、人や状況のせいにしてもあなたのスキルは上がることはありません。

 

誰でもない、あなた自身が学習をしていくしかないのです。

他責思考で、誰かや何かのせいにしてしまう人にはDIVE INTO CODE受講はオススメできません。

 

2.学習時間を確保できない人

メンターと相談しながら、カリキュラムを進めるためにスケジュールを組みます。

可能な範囲でスケジュールを組んでるはずなのに、その通りに学習時間を確保できないと当たり前ですがスキルは身につきません。

 

「転職したい」「副業したい」など、自分でやりたいと思って受講を申し込むはずですよね。

にもかかわらず、趣味に時間を使いすぎたりテレビをずっと見ていたりする人にはDIVE INTO CODEはオススメできません。

 

3.言い訳が多い人

「仕事が忙しくて」

「子供の面倒を見なければならなくて」

など、言い訳が多い人にもオススメできません。

 

もっともらしい理由ですが、勉強をせずにプログラミングスキルが身につくことは永遠にありません。

各々の状況はいろいろあるのでしょうが、どんな状況でもやる人はやるのです。

自分だけ特殊な状況に置かれてると思う前に、「どうやったらできるか?」を考える人のみ受講すべきだと考えます。

 

DIVE INTO CODEに関するよくある質問

ここからは、DIVE INTO CODEに関するよくある質問とその回答をお伝えします。

 

オンラインには対応していますか?

DIVE INTO CODEはオンラインで学習可能です。

 

教室で学ぶことは可能ですか?

もともと教室を利用することができたようですが、現在は教室利用が制限されています。

ただし、もくもく会、相談会、交流会などのイベントが各種用意されています。

一人でモチベーションが続かないという心配はなさそうですね。

 

分割払いには対応していますか?

DIVE INTO CODEは分割払いに対応しています。

支払方法について気になる方は、こちらの記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

DIVE INTO CODEの料金は分割払いできる?【結論:分割できます】

 

就職先・転職先企業は公開していますか?

DIVE INTO CODEではエンジニア就職成功実績を公開しています。

名の通った大企業からベンチャー企業まで、多岐にわたる企業に就職成功していることがわかりますね。

DIVE INTO CODE 就職先・転職先

 

勉強時間はどのくらい必要ですか?

卒業に必要な勉強時間は、Webエンジニアコース フルタイムの場合、720時間が提示されています。

受講スタイル別のスケジュール例も紹介していますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

DIVE INTO CODE卒業に必要な学習時間は?【結論:720時間は確保】

 

年齢制限はありますか?

年齢制限はありません。

30代、40代でも受講することは可能です。

年齢制限に関する情報についてはこちらの記事をご覧ください。

【DIVE INTO CODE】年齢制限あり?!40代からでも受講できる?!

 

学生でも受講できますか?

学生でも受講可能です。

前述の通り年齢制限が無いため、大学生はおろか小学生・中学生・高校生でも受講可能です。

 

プログラミング未経験・初学者ですが受講可能ですか?

未経験の方も受講可能です。

 

給付金をもらえるコースはありますか?

『Webエンジニアコース フルタイム』は、教育訓練給付金対象講座です。

最大で受講料の70%給付金として受け取れる可能性があります。

DIVE INTO CODE 給付金

 

条件などの詳細について確認したい方は、無料のオンライン個別相談会に参加して聞いてみましょう。

 

すぐに解約はできますか?

マイページから解約可能です。

 

まとめ【悪評はほぼ無く安心して受講できそう】

今回は、『【必見】DIVE INTO CODEの評判・口コミ調査&現役SEの考察』というテーマで話していきました。

 

DIVE INTO CODEに関する良い評判・悪い評判いずれも忖度なしで調査してみました。

まとめると、悪評といえるような致命的な評判・口コミは見受けられませんでした。

カリキュラムの充実度やメンター(講師)の質などを総合的に考慮して、自信を持ってオススメできるプログラミングスクールと結論付けます。

 

とはいえメリット・デメリットを考慮した上で、受講を検討していただければと思います。

 

本記事を読むだけではわからなかったことについては、無料体験でしっかり確認することをオススメします。

決して安くはないお金をかけて学習するので、納得した上で申し込みをするようにしましょう。

 

「評判・口コミを確認してからDIVE INTO CODEを受講したい」

「受講前にメリット・デメリットを知りたい」

そんな方の参考になっていたら幸いです。

 

もっと詳しく知りたい人は無料のオンライン個別相談会を試してみてください。

オンライン個別相談会に参加するだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

 

本記事は以上となります。

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

エンジニアブロガー【経歴】1986年生まれ ▶ 茨城県出身 ▶ 大学で福島県へ ▶ 就職で東京 ▶ 某SIer企業で丸7年正社員として勤務 ▶ 独立してフリーランスエンジニア ● 2020年7月ブログスタート ● エンジニア歴12年(内フリーランス歴5年)

-プログラミングスクール
-, , , , ,

© 2022 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5