基本情報
料金
期間
転職サポート
講師
  料金 分割払い リンク
テックアカデミーロゴ 99,900円〜
※給付金制度あり
月々約4,163円〜 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 169,800円~
※給付金制度あり
月々約7,075円〜 公式
評判
デイトラロゴ 99,800円 月々約4,159円〜 公式
評判
侍エンジニアロゴ 165,000円~
※侍テラコヤは月額2,980円~
月々約6,875円〜 公式
評判
テックキャンプロゴ 657,800円~
※給付金制度あり
月々約27,409円〜 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 647,800円~
※給付金制度あり
月々約26,992円〜 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 440,000円
※全額返金保証あり
月々約18,334円〜 公式
評判
  期間 リンク
テックアカデミーロゴ 4~16週間 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 4~24週間 公式
評判
デイトラロゴ 90日間 公式
評判
侍エンジニアロゴ 4~48週間 公式
評判
テックキャンプロゴ 最短10週間 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 4ヶ月 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 5ヶ月 公式
評判
  転職サポート リンク
テックアカデミーロゴ 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 公式
評判
デイトラロゴ × 公式
評判
侍エンジニアロゴ 公式
評判
テックキャンプロゴ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 〇(10ヶ月間) 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 公式
評判
  講師 リンク
テックアカデミーロゴ 全員が実務経験3年以上の現役エンジニア 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 実務経験豊富な現役エンジニア 公式
評判
デイトラロゴ 現役で活躍するプロ講師 公式
評判
侍エンジニアロゴ 一人の現役エンジニアが卒業までサポート 公式
評判
テックキャンプロゴ 未経験者にプログラミングを教えるプロ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 実務経験豊富なプロ講師 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 経験豊富な現役エンジニア 公式
評判

DIVE INTO CODEの評判・口コミ

【DIVE INTO CODE】年齢制限あり?!40代からでも受講できる?!

DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)でプログラミングを学ぶことを検討しています。

現在40代なのですが、今からでは遅いでしょうか?

年齢制限があるのか知りたいです。

そんな疑問に回答します。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • DIVE INTO CODEの特徴
  • DIVE INTO CODEに年齢制限はあるのか?
  • DIVE INTO CODEを40代から受講する際にやるべきこと

 

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながら先輩エンジニアとして、DIVE INTO CODEに年齢制限があるのかを徹底調査しましたのでよかったら最後までご覧ください。

 

メモ

もっと詳しく知りたい人は無料のオンライン個別相談会を試してみてください。

オンライン個別相談会に参加するだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

【DIVE INTO CODE】年齢制限あり?!40代からでも受講できる?!

DIVE INTO CODE受講に年齢制限はあるのか、について紹介していきます。

 

結論から言うと、

  • DIVE INTO CODEには年齢制限はない
  • DIVE INTO CODEは40代でも受講可能
  • 40代から受講する場合、やるべきことがある

となっています。

 

年齢制限はないので、30代や40代はおろか50代でも受講できないということはありません。

ただし、未経験からのエンジニア転職市場を鑑みると、30代以降の転職は正直なかなか難しいといえます。

受講する際は目的・目標を明確にしてから臨むことをオススメします。

 

DIVE INTO CODEの特徴

DIVE INTO CODEとはどういったスクールなのか、その特徴について解説していきます。

 

DIVE INTO CODEは、就職することを目的としたプログラミングスクールです。

プログラミングスクールの受講を検討している方は、一度は聞いたことがありますよね。

それくらい業界内ではかなり規模の大きな部類に入るプログラミングスクールといえます。

 

特徴としては以下の点が挙げられます。

DIVE INTO CODEの特徴

  • 未経験でもOK
  • 4ヶ月フルタイムでプログラミングの基礎を学び、Webエンジニア就職を目指せる
  • 実践の研修課題、コードレビュー、チーム開発といった実践型カリキュラム
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーによる就職サポートあり

 

DIVE INTO CODEのコース内容について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【DIVE INTO CODE】Webエンジニアコース フルタイム徹底解説

【DIVE INTO CODE】Webエンジニアコース フルタイム徹底解説

 

「受講生の評判・口コミを見てから受講したい」

「受講するメリット・デメリットを知りたい」

そんな方はこちらの記事をご覧ください。

【必見】DIVE INTO CODEの評判・口コミ調査&現役SEの考察

 

業界最大級のスクールなだけあって、そのサービス内容はとても充実しています。

これだけサポート体制が整っているプログラミングスクールはなかなかありません。

他スクールに引けを取らないサービス内容であることは間違いないでしょう。

 

DIVE INTO CODEに年齢制限はあるのか?【年齢制限はありません】

DIVE INTO CODEには年齢制限はありません。

公式サイトのFAQ(よくある質問)にも以下のような記載がありました。

 

DIVE INTO CODE年齢制限FAQ

Q 年齢制限はありますか?学生でも受講はできますか?

年齢制限は設けておりません。意欲のある方であれば不問です。

 

年齢制限はないので30代、40代はおろか50代以降でも受講可能です。

年齢制限がないので、何歳からでもあなたの努力次第でキャリアアップを目指せますね。

 

ただし、エンジニア転職を目指している場合は転職市場も考慮に入れましょう。

30代以降は基本的に即戦力を求められるので、未経験からの転職を希望する場合は相当の努力と覚悟が必要です。

 

40代でDIVE INTO CODE受講を検討している方は、

  • 相応の努力が必要であることを認識したうえでカリキュラムに取り組む
  • 20代、30代の受講生よりも学習時間を確保して取り組む
  • 就職成功するまで努力を積み重ねる

といったように、目的を明確にして受講するようにしましょう。

 

DIVE INTO CODEを40代から受講する際にやるべきこと

年齢制限がないDIVE INTO CODEですが、40代から受講する場合はやるべきことがあります。

 

というわけでここからは、現役のフリーランスエンジニア目線で、

DIVE INTO CODEを40代から受講する際にやるべきこと

について解説していきます。

 

複数のシステム開発現場でさまざまな人とプロジェクトを遂行してきた経験から、エンジニアとして活躍できる人の特徴を考えてみました。

その特徴から、「40代からDIVE INTO CODEを受講する場合、こういうことをやる必要がある」という方法を提示していきます。

もしよかったら参考にしてみてください。

 

1.エンジニア転職の目的・目標を明確にする

40代からDIVE INTO CODEを受講する場合、エンジニア転職の目的・目標を明確にすることがかなり重要です。

 

  • 「なんとなく・・・」
  • 「エンジニアは稼げそうだから」
  • 「今流行りの市場だから」

こういった理由が悪いわけではありません。

しかし、もしあなたがDIVE INTO CODEの講師だった場合、こういった理由を伝えられたらどう思うでしょうか?

 

カリキュラムを最後までやり抜けるのか、

本気でキャリアチェンジのために勉強に励むのか、

ちょっと心配になりますよね。

 

  • 「オリジナルアプリを0から作れるようになりたい」
  • 「エンジニア転職をして一生使えるスキルを身に付けたい」
  • 「50歳までに年収1000万円を達成して家族を養っていきたい」
  • 「単純作業ではなくクリエイティブな仕事をしていきたい」

上記はあくまで一例ですが、このようになるべく明確な受講理由があるとカリキュラムを最後までやり抜きやすいでしょう。

 

現時点で明確な目的や目標が無い方も問題ありません。

今から目的・目標をしっかり考えていきましょう。

 

2.学習時間を確保する

DIVE INTO CODEは、Webエンジニアへの転職を目指せるプログラミングスクールです。

各コースの受講期間は、集中してプログラミング学習をしていく必要があります。

 

40代になるとどうしても仕事において重要な役割を任されることも増えるので、今の仕事を続けながらでも学習時間を確保することが継続の鍵です。

 

今の仕事は残業も多くて、休日出勤もしばしばある

そんな状態からプログラミングを学ぶのは決して簡単なことではありません。

時間をうまく確保できず途中で挫折してしまったり、

スキル習得に時間がかかっていることをスクールのせいにしたり、

お互いにとってメリットがあまりありませんよね。

 

  • 残業しないように調整済み
  • 休日出勤はない

まずはそんな状態にして、学習時間を確保しましょう。

あなたが本気でエンジニア転職したい思いはこういった準備で伝わります。

 

まとめ【40代でも受講可能な本気の人のためのエンジニアスクール】

今回は、『【DIVE INTO CODE】年齢制限あり?!40代からでも受講できる?!』というテーマで話していきました。

 

DIVE INTO CODEの年齢制限に関して、特に30代でも受講できるかという観点で調査してみました。

まとめると、以下の通りです。

本記事のまとめ

  • DIVE INTO CODEには年齢制限はない
  • DIVE INTO CODEは40代でも受講可能
  • 40代から受講する場合、やるべきことがある

 

30代はもちろん、40代でも受講することは可能です。

迷っている方は、まずは無料のオンライン個別相談会を受けるところから始めましょう。

熱意をもって学習に取り組む姿勢が伝われば30代や40代、50代からでも充分にエンジニア転職は可能ですよ。

 

本記事を読むだけではわからなかったことについては、無料のオンライン個別相談会でしっかり確認することをオススメします。

個別相談を受けるだけなら完全に無料なのでやらない理由はありませんね。

決して安くはないお金をかけて学習するので、納得した上で申し込みをするようにしましょう。

 

「DIVE INTO CODEには年齢制限はあるのか?」

「40代からでもDIVE INTO CODEを受講することはできるのか?」

そんな疑問を解消できていたら幸いです。

 

メモ

もっと詳しく知りたい人は無料のオンライン個別相談会を試してみてください。

オンライン個別相談会に参加するだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

 

本記事は以上となります。

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

プログラミングスクール選びに迷ってる方に向けて、ベストな選択ができるようにサポートをしてます。 【経歴】1986年生まれ ▶ 茨城県出身▶ 大学で福島県へ▶ 就職で東京▶ 某SIer企業で丸7年正社員として勤務▶ 独立してフリーランスエンジニア ● 2020年7月ブログスタート ● エンジニア歴13年(内フリーランス歴6年) ●プログラミングスクール30社以上見てきた経験から、初心者におすすめできるスクールを掲載中

-DIVE INTO CODEの評判・口コミ

© 2020 初心者向けプログラミングスクールおすすめサイト|さかこじぶろぐ

お得なキャンペーン情報はコチラ
お得なキャンペーン情報はコチラ