プログラミングスクール

【2021年版】Laravelが学べるプログラミングスクールは2つ

Laravelを学びたいです。独学ではなくプログラミングスクールを利用しようと思っているのですが、おすすめのスクールはありますか?

そんな疑問に回答します。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • Laravelが学べるプログラミングスクール
  • Laravelの特徴
  • Laravelでできること、できないこと

 

本記事を書いている僕は、現役のフリーランスエンジニアです。

独立してから5年以上、エンジニアとしては歴10年以上経過しています。

これまで数多くのシステム開発に携わってきました。

 

今回は、そんな歴10年以上の現役エンジニア目線で選ぶLaravelが学べるプログラミングスクール』について紹介します。

 

「未経験からLaravelを学び始めたい」

「どうやって勉強したらいいのかわからない」

「Laravelの特徴やできることを知りたい」

そんな方の参考になれば幸いです。

 

3分ほどで読み終わりますので、最後までご覧ください。
サカイ

【2021年版】Laravelが学べるプログラミングスクールは2つ

ここからは、Laravelが学べるプログラミングスクール紹介に移っていきます。

いずれのスクールもそれぞれの特徴がありますので、ご自身の希望する学習スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

 

また今回紹介したい全てのスクールでは、受講前に無料でカウンセリングを受けることができます。

受講前の不安や疑問点などを解消できるので、効果的に利用させてもらいましょう。

 

1.TechAcademy(テックアカデミー)

テックアカデミーでは、Laravelを学べるPHP/Laravelコース』が提供されています。

 

PHP/Laravelコースについては、公式サイトに以下のような説明がありました。

1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつくブートキャンプ。

週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日15〜23時のチャット・レビューサポートで

短期間でオリジナルサービスを開発できるようになる学習プログラム。

PHPとLaravelを学び、オリジナルサービスを公開することがゴールです。

引用元:PHP/Laravelコース | TechAcademy [テックアカデミー]

 

PHP/Laravelコースの特徴を下記にまとめておきます。

特徴

  • 最短4週間でPHPとLaravelを基礎から学び、実際にWebサービスを開発できる
  • 通過率10%の選考を通過した現役エンジニアのサポートあり
  • マンツーマンメンタリング、チャットサポートなど挫折させないサポートあり

 

さらに詳しく知りたいという方はこちらの記事をどうぞ。

【テックアカデミー】PHP/Laravelコースは難しいけど可能性が広がる

 

2.CodeCamp(コードキャンプ)

コードキャンプでは、Laravelを学べるWebマスターコース』が提供されています。

 

Webマスターコースについては、公式サイトに以下のような説明がありました。

プログラミングを基礎からしっかり学びたい方にオススメのコースです。
現役エンジニアによる手厚い個別指導で、Web開発に必要なことを基礎から習得できます。

引用元:Webマスターコース | CodeCamp [コードキャンプ]

 

Webマスターコースの特徴を下記にまとめておきます。

特徴

  • 未経験でもOK
  • 最短2ヶ月でプログラミングを基礎から学び、Webサイト制作ができる
  • オンラインレッスンでマンツーマン指導
  • キャリアについて、現役エンジニアへ相談可能

 

下記の通り、学習カリキュラムの中にLaravelが含まれています。

 

さらに詳しく知りたいという方はこちらの記事をどうぞ。

【コードキャンプ】Webマスターコースでフリーランスエンジニアデビューしよう

 

Laravelとはどんなプログラミング言語なのか?

ここからは、Laravelを学びたい方向けにLaravelとはどんなプログラミング言語なのか?』をお伝えしていきます。

特徴やできることをまとめましたので、学習前の情報収集として利用していただければと思います。

 

Laravelとは?【特徴を解説】

Laravelとはどんなプログラミング言語なのかを解説していきます。

読み方は、【ララベル】と読みます。

 

ウィキペディアには以下のような説明がありました。

Laravel は、MVCWebアプリケーション開発用の無料・オープンソースPHPで書かれたWebアプリケーションフレームワークである。LaravelはMITライセンスの下でリリースされており、そのソースコードGitHubホスティングされている[3]マイクロソフト.NETの開発に関わっていたTaylor Otwell が開発し、Taylorを中心としたコミュニティーが活発な開発を続けている[4]

引用元:ウィキペディア

 

また、プログラミング学習YouTubeを運営している『キノコード / プログラミング学習チャンネル』でもより詳しい解説動画がありました。

 

冒頭から『プログラミング言語』と紹介してきましたが、正確に言うと『PHPのフレームワーク』という分類になるようですね。

フレームワークとは、WebサイトやWebサービス、Webアプリケーションを作成する際によく使う機能を提供するひな形のようなものです。

この違いはLaravelを学ぶ上でそこまで意識すべきことではないので、本記事ではLaravel=プログラミング言語として解説を続けます。

 

Laravelの特徴をまとめると以下の通りです。

Laravelの特徴

  • Web職人のためのフレームワーク
    ⇒Webサイト、Webサービス、Webアプリケーションを開発したい人向けのフレームワーク
  • 環境構築がとても簡単
    ⇒Composerのインストール、Laravelのインストール、プロジェクト作成の3ステップ
  • フルスタックフレームワーク
    ⇒システム開発に必要な機能が最初から入っているフレームワーク

 

トレンドのWeb開発に利用されることが多いこともあり、Laravelを習得したい人も多いのではないでしょうか。

副業として利用したい方も、

正社員として転職に利用したい方も、

フリーランスエンジニアとして独立したい方も、

Laravelをマスターすることで目的に応じたキャリア形成ができますよ。

 

Laravelでできること、できないこと

Laravelを使うと、具体的にどんなことができるようになるのでしょうか?また、できないことは何かあるのでしょうか?

ここからはそんな疑問に回答していきます。

 

Laravelを使ってできること、できないことは下記の通りです。

Laravelでできること

Webサイト、Webサービス、Webアプリケーションの開発

Laravelでできないこと

機械学習やゲーム、VR/AR/MRの開発

 

Web系のシステム開発が行いやすいように作られているLaravelですので、Webブラウザで動くようなシステムならほぼほぼできます。

反対に、AIや人工知能の分野、WebではなくVR技術などを開発することはできません。

(厳密にいえばできるのかもしれませんが、難しいことに変わりはないのでここではできないとしておきます)

 

Web系のエンジニアになりたい人にとっては学んで損のないプログラミングスキルといえるでしょう。

 

まとめ【Laravelを学んでWebエンジニアデビューしよう】

今回は、『【2021年版】Laravelが学べるプログラミングスクールは2つ』というテーマで話を進めてきました。

 

Laravelが学べるプログラミングスクールについて、理解が深まったでしょうか。

記事内でも触れましたが、LaravelはWeb開発の現場でたくさん利用されているプログラミング言語です。

今後も需要は続くことが予想されるので、今から学び始めても充分に間に合うでしょう。

 

本記事が、

「未経験からLaravelを学び始めたい」

「どうやって勉強したらいいのかわからない」

「Laravelの特徴やできることを知りたい」

そんな方の参考になっていたらうれしい限りです。

 

以上となります。

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

1986年生まれ 茨城県出身 ▶ 大学で福島県へ ▶ 就職で東京 某IT系SIer企業で丸7年勤務 ▶ 独立してフリーランスエンジニア ▶ 2020年7月ブログスタート(SE歴は10年以上) ●趣味:漫画、読書、お酒

-プログラミングスクール
-, , , , , , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5