BUSINESS IT

現役フリーランスエンジニアの時給はいくら?【結論:4,000円】

おなやみくん
フリーランスエンジニアってぶっちゃけどれくらいお金もらえるんですか?収入を時給ベースで知りたいです。

そんな疑問に回答します。

 

本記事でわかることは以下の通りです。

  • フリーランスエンジニアの時給例
  • 時給計算で注意すべき点

 

筆者の経歴

さかい

  • 大学では機械工学専攻で、社会人1年目未経験からシステムエンジニアとして就職。
  • 新卒正社員で入社した1社目に約7年勤務。
  • 8年目から独立してフリーランスエンジニアになる。
  • 2020年6月でフリーランスエンジニア歴丸4年。

今回は、僕自身の収入をぶっちゃけようと思ってます。

単価交渉で上がることもありますしずっと今のままではないのですが、一旦現状どれくらいもらってるのかを正直にお答えしますね。

フリーランスエンジニアを目指している人の参考になれば幸いです。

 

現役フリーランスエンジニアの時給はいくら?

それではさっそく、現役フリーランスエンジニアの僕の収入を一挙公開していきましょう!
さかい

月140h~200hで60万円

フリーランスとして業務委託で仕事を受ける場合、清算幅というものがあります。

清算幅とはかんたんにいうと、『1か月の間にこの時間幅に当てはまるように仕事したら指定した金額振り込むよ~』といったものです。

会社員のように有給休暇とかないので、休みをまとめてこの月に取る!みたいなことができません。

毎月毎月リセットされて清算されます。

 

僕の場合は、清算幅が140h~200hで、月に約60万円の単価で今の仕事を受けています。

月収60万円というのが多いか少ないかは、それぞれのご判断にお任せします。

個人的にはまだまだ単価アップを狙えるな~と思ってるのですが、現在の案件はとても働きやすいので、ワークライフバランス的にはちょうどいいとも感じています。

150時間労働で時給4,000円

月収を公開したので、ここからは時給計算を行っていきます。

月によって稼働量は多少変わるのですが、だいたい平均すると毎月150時間ほど働いています。

今回はこの150時間という数字で時給計算をしてみます。

60万円/月 ÷ 150h = 4,000円/h

ということで、僕の時給は4,000円ほどということが計算でわかりました。

まさか自分の時給を公開することになるとは・・・。

月の労働時間によって変わります【悲報:働くほど損】

今回は月に150時間働くとして計算しましたが、稼働時間によってどれほど時給が変わるのでしょうか?

最小140時間と最大200時間でそれぞれ比較してみましょう。

140時間の場合

60万円/月 ÷ 140h ≒ 4,286円/h

200時間の場合

60万円/月 ÷ 200h = 3,000円/h

・・・わかってはいましたが、稼働時間の違いによって計算した時給にもかなり大きな違いが表れました。

 

やるべき作業はきちんとこなしたうえですが、なるべく140時間で毎月仕事をしたほうが時給1,000円以上も差が出ることがわかりました。

時給1,000円の差って、けっこう大きいですよね。

 

僕が高校・大学のときのバイトの時給よりも大きな額が差として出るとは、、、。

みなさんには、働けば働くほど時間単価の観点でいうと損するというフリーランスエンジニアのさびしい現実を知っていただけたと思います。

おわりに

今回は、現役フリーランスエンジニアの時給はいくらか?というぶっちゃけ話をお届けしました。

個人事業主として独立して仕事をしているとはいえ、いわゆる経営者のような時給が測れないわけではありません。

フリーランスエンジニアは、きっちり時給換算できてしまうということがわかっていただけたでしょうか。

 

僕のように清算幅で単価が決まる以外のフリーランスエンジニアも、案件の期間と金額が決まっている場合は基本的にすべて時給は計算できそうです。

確定申告で節税ができる点などメリットもたくさんあるフリーランスですが、時給仕事だということは前提にしてなるかどうか決めたほうがいいと思います。

 

本記事は以上となります。

-BUSINESS, IT
-, , , , , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5