BUSINESS IT

【告白】僕が未経験からシステムエンジニアに就職しようと思った理由

おなやみくん
未経験でもシステムエンジニアになれるって話を聞くけど、実際どうなのか知りたい。

そんな相談に答えます。

筆者の経歴

さかい

  • 大学では機械工学専攻で、社会人1年目未経験からシステムエンジニアとして就職。
  • 新卒正社員で入社した1社目に約7年勤務。
  • 8年目から独立してフリーランスエンジニアになる。
  • 2020年6月でフリーランスエンジニア歴丸4年。

経歴にある通り、僕は大学では機械工学を学んでいました。

毎日研究室にこもって、白衣着て実験してました(笑)

一応理系ではあるものの、情報系の勉強はしてこなかったので、システムエンジニアは未経験の状態からスタートしています。

実際やってみての感想も交えて、その実態について今回は紹介していこうと思います。

就活中、または就活を控えている方の参考になれば幸いです。

「フリーランスエンジニアを目指してる!」という方はこちらの記事も読んでみてください。

【本音】未経験からフリーランスエンジニアになることは不可能です!

フリーランスエンジニアになって4年経つ僕がぶっちゃけどう思っているかを赤裸々に書いてみました。
さかい

 

未経験からシステムエンジニアに就職しようと思った理由

大学で学んだことを活かして就職先を決める人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

僕は後者だったわけなのですが、なぜシステムエンジニアに未経験で就職しようと思ったのかという理由をお話ししていきます。

①文系未経験でも活躍してると聞いたから

作文の添削をしている先生のイラスト(男性)

就活当時、リクナビやマイナビでシステムエンジニア職を求人している企業をたくさん見てました。

たくさん見ていて思ったのは、意外と未経験採用を推進しているなという印象でした。

勝手に未経験だと不安と思っていたのですが、『未経験でもOK。文系出身でも活躍してます。』などど書いてあるのを見ているうちに、だんだんと不安は小さくなってきました。

「文系出身でも活躍してるなら、一応俺は理系だしなんとかなるかな!」という無駄にポジティブに捉えられたのは、今思うととてもよかったです。

②システムエンジニアという言葉の響きがカッコよかったから

ガッツポーズのイラスト(スーツ)

突然ですが僕はけっこうミーハーです(笑)

”カッコいい雰囲気”ってやつにちょっと弱い傾向にあります。

「IT業界で働いてます」とか、「仕事はSEです」みたいに単純に言いたかったというのも理由の一つです。

履歴書の職業欄にカタカナ(または英字)表記できる職業ってなんとなくカッコいいイメージありませんか?

僕はそんなよくわからない理由でも足を一歩踏み出せてしまったのです。

③東京で働きたかったから

何かを企む人のイラスト(男性会社員)

僕は茨城県の村出身(現在は町)で、大学で福島県郡山市に行っていました。

要するに、22歳までずっと田舎暮らしだったのです。

そのままずっと田舎で過ごすという選択もないわけではなかったのですが、一度は東京で働いてみたいという思いがとても強くありました。

『都会の高層ビル群の中を、スーツ姿で颯爽と歩いている俺!』という謎の妄想に憧れてました。

はい、けっきょくミーハー心なのです(笑)

結論として、システムエンジニアになりたい理由なんて何でもいいってことが伝えたかったのです!
さかい

 

システムエンジニアとして働いてみて感じた実態

そんなこんなでけっこう適当な理由でシステムエンジニアに就職してしまったわけなのですが、実際に就職してみてどうだったのかという実態の部分をお伝えできればと思います。

あくまで僕が就職した会社についてですが、リアルを話します。
さかい

①プログラミングはなんとかなる

コンピューターを使うペンギンのイラスト

未経験だと不安になることの1番の理由は、「プログラミングができるかな?」でしょう。

僕も就職するまでプログラミングなんてやったことがなかったので、その点はとても不安でした。

そういった方にお答えしますが、結論から言うと「プログラミングはなんとかなる!」です。

 

未経験採用をしている企業の多くは、研修制度がわりとしっかりしている印象です。

しかも、同期には自分と同じように未経験の人もたくさんいます。

同期(ライバル)と一緒に切磋琢磨しながら、研修制度を通して自分を研磨できるので、意外とプログラミングはなんとかなったりするので安心してください。

②思ったより収入低い

お金持ちの男の子のイラスト(将来の夢)

システムエンジニアとか、IT系とか聞くと、勝手にめっちゃ収入が高いイメージがありませんか?

少なくとも僕はそんなことを思ってました。

しかし、実態として特段システムエンジニアが高給取りというわけでもないなという印象です。

 

もちろん、上位の人たちはむちゃくちゃ稼いでいると思います。

しかし職業でひとくくりにはできないなということです。

「SEになったら収入たくさんもらえる」という希望を描いて入社すると、意外と少なくてがっかりするのでご注意ください。

 

さらに言うと、高給取りになっている理由の多くは”残業代”によるものです。

単純に働いている時間(拘束時間)が長いから、その分収入も上がって見えるというだけです。

時給が2倍や3倍になっているわけでは決してありません。

③毎日家と会社の往復がつまらない

つり革につかまって立つ人のイラスト(ビジネス)

これは僕だけかもしれませんが、就職してから東京に来たので同期くらいしか友達もおらず、最初のころは家と会社の往復で過ごす毎日が続きました。

システムエンジニアだからというわけではありませんが、仕事ではパソコンと向き合って、仕事終わりにそのまま家に帰ると、誰とも話さない1日とかふつうにあったりするんです。

 

話す機会が減ると、たった一言の返事を噛むみたいなウソのようなことをしてしまうので要注意です。

これに関しては、自分から声をかけて人と会うようにしたり、変化を起こす工夫をすることをオススメします。

どんな仕事も理想と現実のギャップはあるものです。良いところばかりでなく、課題にもちゃんと目を向けた上で目指すのがいいのではないでしょうか?
さかい

おわりに

今回は僕自身の体験談として、新卒未経験からシステムエンジニアとして企業に就職した話をしました。

本記事をご覧の大学生の方は、数多くある就職先の選択で頭を悩ませることも多いと想像します。

しかし、今時転職なんて当たり前ですし、一つの会社でずっと働く人の方がレアケースなので、あまり固くなりすぎずいつでもどこにでも行ける前提で就活を進めるといいのではないでしょうか。

10年ほど人生の先輩からのちょっとした小話でござました。

-BUSINESS, IT
-, , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5