【先着50名様】技術書10,000円相当プレゼントキャンペーン!
RUNTEQのキャンペーン情報はこちら

RUNTEQの評判・口コミ

RUNTEQ(ランテック)卒業に必要な学習時間は?【結論:圧倒的な学習量です!】

RUNTEQ(ランテック)の受講を検討しています。

学習時間を確保したいのですが、どれくらい準備しておけばいいですか?

そんな疑問に回答します。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • ランテックの特徴
  • ランテックの学習時間目安
  • 受講スタイル別のスケジュール例

 

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながら先輩エンジニアとして、ランテックで卒業に必要な学習時間を徹底調査しましたのでよかったら最後までご覧ください。

 

3分ほどで読み終わります。
サカイ

もっと詳しく知りたい人は無料キャリア相談会を受けてみてください。

完全無料でキャリア相談できる機会はいつ無くなってもおかしくありません。

今のうちにさくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

RUNTEQ(ランテック)卒業に必要な学習時間は?【結論:圧倒的な学習量です!】

ランテック卒業に必要な学習時間について調査しましたので、結果を報告します。

 

結論から言うと、ランテックの学習時間は【800〜1,000時間】です。

他社と比較して圧倒的な学習時間を誇っているので、本気でWebエンジニアになりたい方にうってつけと言えます。

 

詳しく解説していきますので最後までご覧ください。
サカイ

ランテックの特徴

まずはランテックとはどういったスクールなのか、その特徴について振り返っておきましょう。

ランテックは、Web系開発のノウハウを詰め込んだプログラミングスクールです。

 

特徴としては以下の点が挙げられます。

RUNTEQの特徴

  • プログラミング完全未経験でもOK
  • 自走力を養いながらWebエンジニアを目指せる
  • サービス運用まで見据えた完全オリジナルのポートフォリオ作成サポート
  • 困った時に何でも相談できるバディ制度
  • キャリアアドバイザーによる就職サポート

 

コース内容についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【RUNTEQ(ランテック)】Webマスターコースでプログラミングを学ぼう

【RUNTEQ(ランテック)】Webマスターコースでプログラミングを学ぼう

 

「ランテックを実際に受講した人の評判・口コミを知りたい!」

「ランテックを受けるメリット・デメリットを知りたい!」

そんな方はこちらの記事もご覧ください。

【必見】RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ調査&現役SEの考察

 

ランテックについてはYouTubeでも紹介動画が公開されていました。

どんなスクールなのか気になる方は、こちらの動画も合わせてご覧ください。

 

プログラミング未経験や初心者の方にとっては、Web制作だとか言われてもとてもハードルが高いし、必要以上に難しく感じるものです。

これだけサポート体制が整っているのは不安な人にとってありがたいですね。

 

【結論】学習時間の目安は800〜1,000時間

前述のとおり、ランテックでは学習時間800〜1,000時間、学習期間9ヶ月のカリキュラムが用意されています。

これだけの期間、講師のサポートありでカリキュラムを進められるのはスキル習得にかなり効果的です。

僕自身もこれまで10年以上システム開発に携わってきましたが、ひとりで何とか案件をこなせるようになったのは学習時間1,000時間を超えたあたりからでした。

 

RUNTEQ比較

 

こちらの比較表を見ていただいてわかる通り、ランテックは他社と比較して学習期間・学習時間共にぶっちぎりで多い設定になっています。

それだけ受講生一人一人のスキルアップにコミットしているということでしょう。

 

逆に言うと、学習時間の確保が難しく、なるべく短期間で終わらせたい人にとってはランテック受講は向いていないかもしれません。

 

以上の結論を踏まえたうえで、次章からは受講スタイル別のスケジュール例を紹介します。

学習時間を確保するための参考になれば幸いです。

 

【受講スタイル別】スケジュール例

ここからは、受講スタイル別のスケジュール例をお伝えしていきます。

あなたの受講スタイルに合わせて、当てはまるスケジュールを参考にしてみてください。

 

また、スケジュールはあくまで目安です。

この通りにカリキュラムが進むわけではありません。

 

ちなみに、プログラミング習得にはある程度の期間集中することが必要です。

モノを覚えるのに時間がかかったりする人は、ほんの少しでいいので集中して学習する時間を設けることをオススメします。

 

1.働きながら受講したい人

ランテックでは、働きながらの方と、学習にフルコミットする方は半々くらいの比率のようです。

働きながら受講する場合は、

平日は2~3時間

土日は5~7時間

くらいのペースで学習を進めるようにしましょう。

 

週20~30時間の学習を9ヶ月(36週間)続けることができれば、おおよそ800〜1,000時間になります。

決して楽なスケジュールではないので、受講期間中はかなりコミットして学習に取り組む必要がありますね。

働きながらでも受講可能なランテックですが、それだけ集中して学ばなければならないことは事前に頭に入れておきましょう。

 

2.学習にフルコミットする人

学生の方や休職中の方など、プログラミング学習にフルコミットできる方。

受講期間の9ヶ月間は、平均して1日3~4時間程度の学習ができるようにスケジューリングしましょう。

 

毎日コツコツ勉強するもよし、

短期間に集中していくもよしです。

 

目安として800〜1,000時間と記載されていますが、自主的にそれ以上の学習時間をかけても問題はありません。

働きながら受講する人と比べて時間的な余裕はあるはずですので、フルコミットしてカリキュラムに取り組みましょう。

 

まとめ【学習にコミットする必要あり】

今回は、『RUNTEQ(ランテック)卒業に必要な学習時間は?【結論:圧倒的な学習量です!】』というテーマでお話ししました。

 

さいごに改めて必要な学習時間・学習期間をお伝えしておきます。

学習時間 800~1,000時間
学習期間 9ヶ月

 

決して安くない金額、加えて9ヶ月間の学習期間をかけて受講します。

受講スタイルによってスケジュール感は変わってきますが、いずれにしても学習にコミットする必要はあるといえるでしょう。

 

本記事が、ランテック受講を検討している方の参考になっていれば幸いです。

もっと詳しく知りたい人は無料キャリア相談会を受けてみてください。

完全無料でキャリア相談できる機会はいつ無くなってもおかしくありません。

今のうちにさくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

公式サイト

以上となります。

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

エンジニアブロガー 【経歴】1986年生まれ ▶ 茨城県出身 ▶ 大学で福島県へ ▶ 就職で東京 ▶ 某SIer企業で丸7年正社員として勤務 ▶ 独立してフリーランスエンジニア ● 2020年7月ブログスタート ● エンジニア歴13年(内フリーランス歴6年) ●プログラミングスクール関連記事300記事超

-RUNTEQの評判・口コミ

© 2022 さかこじぶろぐ