BUSINESS IT

コミュ障多数のエンジニア業界!コミュ力高ければ無双できます

おなやみくん
エンジニアってコミュ障の人多くないですか?オタクっぽいというか、暗い人が多い印象ですが実際どうなんでしょうか?

そんな疑問に回答します。

 

本記事でわかることは以下の通りです。

  • エンジニアにコミュ障が多いのかの実態
  • コミュ力アップのためにやるべきこと

 

筆者の経歴

さかい

  • 大学では機械工学専攻で、社会人1年目未経験からシステムエンジニアとして就職。
  • 新卒正社員で入社した1社目に約7年勤務。
  • 8年目から独立してフリーランスエンジニアになる。
  • 2020年6月でフリーランスエンジニア歴丸4年。

本記事を書いている僕は、自分で言うのもなんですがエンジニアの中でもコミュニケーション能力の高い部類に入ると思います。

現在ではそうやって自分で自分のことをコミュ力高いと言えていますが、もともと高かったわけではありません。

コミュ障気味のところからコミュ力高くなってきたから僕だからこその観点で話していきますね。

 

システムエンジニアはコミュ障率高い!

みなさんイメージしている通り、システムエンジニアという人種はコミュ障である確率が高い生き物です。

だからこそ、コミュ力が高いだけでエンジニアとしてかなり無双状態になれます。

 

といってもみんながみんなコミュ力低いわけでもありません。

僕のイメージですが、コミュ力がめちゃくちゃ高い人と、めちゃくちゃ低い人の二分化されているのがエンジニアの実態だと思ってます。

よくいるエンジニア①コミュ障でオタク気質

多くの人がイメージするエンジニアは、このコミュ障でオタク気質パターンです。

もともとパソコンをいじったりするのが好きで、人と話したくないからエンジニアになりました!という人たちです。

よくよく引き出してみると意外と面白い一面を持っていたりするのですが、なにせ引き出すのはけっこう一苦労なんですw

 

エンジニア = パソコンに張り付いてカタカタとキーボードをたたく職業

という印象がある人は、彼らがエンジニアのすべてだと思っているのかもしれませんね。

エンジニアと言っても幅広いので、実際はいろんなタイプの人がいることを知っておいてほしいです。

よくいるエンジニア②コミュ力高くてリーダー気質

コミュ障のエンジニア率が高い一方で、意外とこんなタイプもけっこういます。

コミュ力高くて、一見すると営業さんかと思うような出で立ちや立ち振る舞いをするリーダー気質パターンです。

よく、

  • エンジニアに見えなーい!
  • 仕事ができそう!

と言われるような人たちですね。

 

彼らは、プログラマーのようにがりがりコードを書くような仕事は数年でやめて、マネジメント方向に進んでいく傾向にあります。

世間一般の人がイメージするエンジニアってプログラム書いている人だったりするので、マネジメントしてる人の印象が少ないのかもしれません。

でもこのタイプもけっこうな割合でいるんです。

コミュ力アップのためにやるべきこと

  • コミュ障だけどなんとか自分を変えたい!
  • コミュ力アップしたいけど何から始めればいいのかわからない!

そんな方たちに向けて、ここからはコミュ力アップのためにやるべきことを紹介していきます。

1.定時帰り

なんといっても自分の時間を確保するところからすべては始まります。

残業続きだと心も疲弊してくるので、自分を高めようと思う気力すら湧きません。

しっかり定時までで仕事を終えるようにして、1日にほんの少しからでもいいので自分を高める時間を作るようにしましょう。

2.恋人を作る

コミュニケーション能力を上げたければ、コミュニケーションする量を圧倒的に増やす必要があります。

友達を作るでも良いですが、現在恋人がいない人は恋人を作るところから始めるのが手っ取り早いです。

友人以上に長い時間過ごす可能性があるので、それだけコミュニケーション量が増えますよね。

また、異性目線で率直なフィードバックをもらったりもできます。

エンジニアは社内に出会いを求めてはいけない【外に出よう】

こちらの記事で出会いについて詳しく書いてるので、よかったらご覧ください。

3.笑顔を意識する

コミュ障系エンジニアは、往々にして不愛想な表情をしっぱなしのことが多いです。

普段から表情を意識すると、それだけで明るい印象になって周りの人との人間関係も良好になります。

笑顔って言われてもどうやっていいのかわからない!

という方は、鏡の前で笑顔の練習をしてみてください。

ミラートレーニングといって、笑顔がぎこちなかったり慣れていない方はこれを習慣化するところから始めましょう。

最初は慣れなくて変な感じですが、だんだんと笑顔が板についてきます。

まとめ

今回は、コミュ障が多いエンジニア業界に向けて書いていきました。

ちょっとした工夫や日々の積み重ねで、コミュニケーションは上達します。

今回ご紹介した「コミュ力アップのためにやるべきこと」をひとつずつ実践して、コミュ力高いエンジニアになっていきましょう。

「めちゃくちゃ話せる」エンジニアになるだけでかなり無双できるので、自分にとって必要なことだと思って取り組んでいただければ幸いです。

 

本記事は以上となります。

-BUSINESS, IT
-, , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5