基本情報
料金
期間
転職サポート
講師
  料金 リンク
テックアカデミーロゴ 99,900円〜
※給付金制度あり
公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 169,800円~
※給付金制度あり
公式
評判
デイトラロゴ 99,800円 公式
評判
侍エンジニアロゴ 165,000円~
※侍テラコヤは月額2,980円~
公式
評判
テックキャンプロゴ 657,800円~
※給付金制度あり
公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 647,800円~
※給付金制度あり
公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 440,000円
※全額返金保証あり
公式
評判
  期間 リンク
テックアカデミーロゴ 4~16週間 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 4~24週間 公式
評判
デイトラロゴ 90日間 公式
評判
侍エンジニアロゴ 4~48週間 公式
評判
テックキャンプロゴ 最短10週間 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 4ヶ月 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 5ヶ月 公式
評判
  転職サポート リンク
テックアカデミーロゴ 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 公式
評判
デイトラロゴ × 公式
評判
侍エンジニアロゴ 公式
評判
テックキャンプロゴ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 〇(10ヶ月間) 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 公式
評判
  講師 リンク
テックアカデミーロゴ 全員が実務経験3年以上の現役エンジニア 公式
評判
DMM WEBCAMPロゴ 実務経験豊富な現役エンジニア 公式
評判
デイトラロゴ 現役で活躍するプロ講師 公式
評判
侍エンジニアロゴ 一人の現役エンジニアが卒業までサポート 公式
評判
テックキャンプロゴ 未経験者にプログラミングを教えるプロ 公式
評判
DIVE INTO CODEロゴ 実務経験豊富なプロ講師 公式
評判
ポテパンキャンプロゴ 経験豊富な現役エンジニア 公式
評判

IT

システムエンジニア35年定年説まであと1年の僕が本音を話します

2020年9月20日

システムエンジニア35年定年説ってあるらしいんですけど、実際のところどうなんですか?現役エンジニアの立場から聞きたいです。

そんな疑問に回答します。

 

本記事でわかることは以下の通りです。

本記事でわかること

  • システムエンジニア35年定年説の真実
  • 30代の今学ぶべきプログラミング言語

 

35年定年説がささやかれるシステムエンジニアですが、なんとわたくしサカイは現在34歳。

世間一般で噂されているエンジニアとしての寿命まで残り1年となりました。

35年定年説はなかなかタイムリーな噂なので、ほぼ34歳の僕が現場で働いていて実際のところどう思うかについて話していきます。

 

補足として、今回はあくまでも技術職としてのシステムエンジニアが35歳で定年になるかという観点で考えます。

PMなどのマネジメント方向へのキャリアアップは考慮外とさせていただきます。

 

システムエンジニア35年定年説まであと1年の僕が本音を話します

そうなんです。気づいたら35歳まで残り1年のカウントダウンを迎えるくらいの歳になってきたんです。

35歳でエンジニア生命が終わるとしたらかなりやばいのですが、実際のところどうなんでしょうか?

 

まだ現役でいけます!

正直に言います!

34歳の僕ですが、エンジニアとして全然まだ現役で活躍できます。

 

自分で言うのも少し寂しいですが、僕はそこまで技術力の高いエンジニアではありません。

ただ普通に与えられた仕事をこなせる程度で、特段珍しいスキルを持っているわけでもありません。

そんな僕が35歳でも全然いけると感じてるということは、だいたいの35歳を控えるエンジニアは同じことを感じてると思います。

 

追記

36歳になりましたがまだまだ大丈夫そうです!

40代、50代でもエンジニアとして活躍できる

むしろ35歳どころか、40代、50代になってもまだ活躍のフィールドはあると思われます。

システム開発の業界ってなんだか新進気鋭の若手起業家たちによる最新技術を扱う業界のように感じてる人も中にはいませんか?

 

ぶっちゃけそこまで先端技術しか使わないということはなくて、古い技術がわりと重宝される業界だったりします。

新しい技術をたくさん学んだ方がより重宝されますが、1つの案件に長く携わることができればけっこうずっと仕事はあります。

僕個人としては、歳をとってきても継続した学習が必要だと思っていますが、逃げ延びる生き方もできなくはないなーという体感ですね。

 

30代の今から学ぶべきプログラミング言語

もしあなたが30代のエンジニアだとして、これから新しく学んでいくべきプログラミング言語について話していきます。

どうせ学ぶなら世間の需要が一定以上あることがわかっている言語のほうがいいと思います。

 

1.Ruby(ルビー)

Rubyは近年特に人気のある言語です。

シンプルな書き方ながら、複雑な処理も書けるので汎用性も高いです。

 

制作者が日本人ということもあり、それだけでちょっと親しみ湧きますよね。

初級者から上級者まで、幅広い層に支持される言語と言えるでしょう。

 

2.Python(パイソン)

PythonもRuby同様、近年人気のある言語です。

実行するまでの環境構築がとてもかんたんで、学習の入り口としてはかなり入りやすいといえます。

 

2018年に調査した「今、スキルを磨きたいと思う言語」でも第1位を獲得するなど、さらに注目が集まる言語でしょう。

今後、スキルを磨きたいと思う言語

参照:日経XTECH-習得したいプログラミング言語、したくない言語

 

3.Javascript(ジャバスクリプト)

Web系のシステム開発をするなら無視することができないほど、超絶よく使う言語です。

フロントエンドの技術を身に付けたい方にとっては必須と言ってもいいでしょう。

 

ライブラリも充実しており、AngularJSやVue.jsなどなど、使用することで簡単にコーディングができる材料がかなり揃ってます。

3番目に挙げましたが、個人的には1番オススメしたい言語です(笑)

 

おわりに

今回は、「システムエンジニア35年定年説」をテーマに話してきました。

35歳付近のみなさん、ご安心ください。

 

35歳システムエンジニアは全然まだ現役ですよ!

むしろ技術者としてこれからです!

いっしょに最前線で活躍していきましょう!

 

本記事は以上となります。

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

プログラミングスクールアドバイザー 【経歴】1986年生まれ ▶ 茨城県出身▶ 大学で福島県へ▶ 就職で東京▶ 某SIer企業で丸7年正社員として勤務▶ 独立してフリーランスエンジニア ● 2020年7月ブログスタート ● エンジニア歴13年(内フリーランス歴6年) ●プログラミングスクール関連記事300記事超 ●プログラミングスクール30社以上見てきた経験からスクール選びサポートしてます。

-IT

© 2020 初心者向けプログラミングスクールおすすめサイト|さかこじぶろぐ

お得なキャンペーン情報はコチラ
お得なキャンペーン情報はコチラ