IT

プログラミングを独学で学ばない方がいい3つの理由とオススメの学習法

おなやみくん
プログラミングって独学で学べるの?どうやって学習したらいいかわからない・・・。

そんなお悩みに回答します。

筆者の経歴

さかい

  • 大学では機械工学専攻で、社会人1年目未経験からシステムエンジニアとして就職。
  • 新卒正社員で入社した1社目に約7年勤務。
  • 8年目から独立してフリーランスエンジニアになる。
  • 2020年6月でフリーランスエンジニア歴丸4年。

本記事を読むと、

ポイント

  • プログラミングは独学で学べるのか?
  • 独学で学ぶデメリット
  • プログラミングのオススメの学習方法

について知ることができます。

 

特に”なるべく早く”プログラミングをマスターして、副業や就職・転職に活かしたいという方は最後までご覧ください。

 

現役SEが思うプログラミングを独学で学ばない方がいい3つの理由

僕は、現在も現役のSEとして仕事をしていますし、歴もかれこれ10年以上になりました。

もともとは未経験から学び始めて、少しずつ経験を重ねるなかでスキルも習得してきました。

ちょっと宣伝

未経験からスキルを身に付けてきたことに関する記事も書いてますので、よかったらご覧ください。

そんな僕が感じるのは、早く稼ぎたいなら人に教わることが大事だということです。

その理由をこれから3つの項目で説明していきます。

1.時間がかかる

独学で学ぶと、単純にとても時間がかかります。

誰かに教わったりスクールに通うと半年で学べる学習内容を、独学だと倍もしくはそれ以上の時間がかかる可能性があります。

時間がかかると単純にコスパも良くありません。

また、わからないことがあったら自分で調べるしかありませんし、未知の分野の調査はとても苦労します。

こういった調査は経験がないとイメージしにくいかもしれませんが、ハマるとかなりの時間を有するのです。

 

一方で、学ぶ人がいるとわからなかったらすぐに教えてくれますし、Googleなどで調査するときのコツもわかってきます。

学校だったら先生がいましたし、スポーツなら監督やコーチがいたように、物事を学ぶための最短ルートは”教えてもらう”ことだというのは、他分野の実績を見ても明らかでしょう。

 

相当一人でできる自信があって、時間がかかってでもお金をかけたくないという人以外は、必ずと言ってもいいほど独学はオススメしません。

2.方向性がずれる

自分一人で学びを進めていると、気が付いたら学習の方向性がずれることがあります。

ずれてしまうとやっかいなのは、自分がずれてることに自分で気づくことはできないということです。

せっかく勉強しているのに、覚えたことが無意味になってしまったらもったいないですよね?

残念ながらずれた努力は、お金を稼ぐプロの目線で言うと努力とは認められません。

頑張って覚えた内容が余分な知識にもなりかねないので、注意が必要です。

 

「サッカーをやっていたはずなのに、気が付いたらハンドボールになっていた」なんてスポーツでいうとおかしいとすぐわかりますが、プログラミングに関しては知らない人も多いのでこういった失敗をしてしまったりするのです。

しかも一度ずれてしまうと厄介なのは、元に戻すのにまた時間がかかるということです。

サッカーがいつの間にかハンドボールになってしまって、戻そうと頭では分かっているのですが、身体がつい反応して手が出てしまったりします。

頭の理解と体の理解はワンセットなので、余計な労力をかけることなくまっすぐに目指している方向に進んだ方が効果的ですよね。

 

間違った方向に行って無駄な時間を過ごしたくない方は、独学で学ぶことは避けておきましょう。

3.継続しにくい

ダイエットや筋トレなど、自分一人でやって継続できなかった経験はありませんか?

僕は何度もあります(笑)

それだけ人間の意志力は弱いものなので、相当タフな人ではない限り独学では継続できないと思っていただいた方がいいです。

また仮に継続できたとしても、1,2で挙げたような問題は起きます。

しっかり学べばプログラミングの習得自体は比較的簡単なのですが、独学で自分なりにやると思わぬ落とし穴がたくさん目の前に現れてしまいます。

 

学習の基本は継続で、継続さえできれば少しずつでも成長していけるのですが、辞めてしまったら成長は止まります。

独学で学習すると誰も観ていないので、このように辞めることも気軽にできてしまいますよね。

お金を払っていたり、先生と一緒に学習をしていると、勝手に辞めるのも躊躇します。

「もう1回だけ続けてみようかな」と続けていると、だんだんとプログラミングの基礎が身についてくるでしょう。

 

継続しやすい状況を自分で作り出すために、独学で学ぶことは避けましょう。

ここからは、プログラミングのオススメ学習方法について話を進めていきます。
さかい

プログラミングは完全オンラインで気軽に学ぶのがオススメ

以上、3つの理由でプログラミングは独学で学ばずに、誰かに教わることで習得することをオススメします。

とはいえ教室に通うにしても移動が面倒だったり、準備に時間がかかると継続しにくかったりしますよね。

その気持ちはとてもわかります。

おなやみくん
じゃあどうやって学習するのがいいの?

答えは、「完全オンラインでできるプログラミング教室で学ぶこと」です。

TechAcademyなら完全オンラインでプログラミングを学べる!

完全オンラインで未経験でプログラミングを学びたいなら、TechAcademy(テックアカデミー)がオススメです。

1人で学習するのが不安な人向けにカリキュラムが組まれていますし、充実したサポートがあるので実際に就職まで成功した事例も豊富にあります。

隙間時間で学習を進めることができますし、わからなかったらすぐにチャットでメンター(講師)に聞くことができます。

マンツーマンメンタリングで細かい状況まで見てもらうことができるので、挫折もしにくいでしょう。

まずは無料体験から!

「いきなりお金かけるのは怖い!」という人もご安心ください。

TechAcademyならプログラム無料体験からスタートできるので、きちんと続けられるか吟味したうえで継続することが可能です。

スマートコントラクトコースデータサイエンスコースなど学習したい方向性に応じて豊富なコースから選択することもできるので、集中して学習に取り組むことができるでしょう。

僕がプログラミングを学習したころはこういったサービスがなかったので、余計に時間をかけて学習していました。

新卒だったので会社の研修制度でしたのでよかったですが、転職・副業に向けて独学で学ぶとしたら非常に大変なことです。

便利なサービスはぜひ有効活用していきましょう。

まとめ

今回は、『プログラミングを独学で学ばない方がいい3つの理由とオススメの学習法』と題して、現役SEである僕が感じることをお伝えしてきました。

独学で学ぶのが悪いわけでもダメなわけでもないのですが、「なるべく早く結果を出したい」「転職・副業に活かせるスキルをつけたい」という人にはオススメしません。

 

記事内でも紹介しましたが、完全オンラインで自分のペースで学ぶことができるほうが効果的にスキルを身に付けていけます。

現在は、TechAcademyなどオンライン完結のプログラミングスクールが多数出てきています。

実績も充分ですので、こういった外部サービスを有効活用してプログラミングスキルを身に付けていきましょう。

-IT
-, , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5