Other

【映画 えんとつ町のプペル】ポケモンに勝ってほしい!【同日公開】

おなやみくん
『映画 えんとつ町のプペル』と『劇場版ポケットモンスター ココ』が同日に公開されます。えんとつ町のプペルを応援しているのですが、ポケモンに勝てるのでしょうか?

そんな疑問について、徹底検証していきます。

 

この記事を書いてる人

  • 33歳男性
  • 住まい:東京在住
  • 職業:フリーランスエンジニア
  • 『西野亮廣エンタメ研究所』(オンラインサロン)会員

 

キングコング西野さんのオンラインサロンに加入して、もう数年経ちます。

日々西野さんの挑戦や考えていることをサロン内の記事で見ているので、

本記事はかなり西野さんをひいき目で見ちゃうことだけ予めご了承ください。

 

本記事を読むと、

  • 『えんとつ町のプペル』と『ポケモン』の現状
  • えんとつ町のプペルがポケモンに勝てる見込み

がわかります。

 

これまでも西野さん関連の記事をいくつか書いているので、よかったらそちらもご覧になってください。

【映画えんとつ町のプペル】『劇場版ポケモン』に勝ってほしい!

はじめに一言謝らせてください。

「勝てるかどうか?」

というよりも、

「とにかく勝ってほしい!」

という僕の思い100%の内容です。

140字のツイートでは思いを全部伝えきれないので記事にしました(笑)

最後までお付き合いいただけたら幸いです。

状況確認【映画公開は2020年12月25日(金)】

映画 えんとつ町のプペル』と『劇場版ポケットモンスター ココ』は、2020年12月25日(金)に同日公開されます。

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、

世の中は空を見上げるのも困難なくらい疲弊する1年となりました。

 

えんとつ町のプペルは、そんな2020年の世界を投影するような世界が舞台です。

近年類を見ない【絵本原作の映画化】という異例の作品です。

2021年に映画公開を持ち越す選択肢もありました。

しかし、原作・総監督である西野さんは、

2020年の今、挑戦(映画公開)することに意味がある!

ということで公開に踏み切りました。

 

そしてあろうことか、2020年公開の映画の中でも屈指の大ヒットが見込まれる作品、

劇場版ポケットモンスター ココ

と同じ日に公開日をぶつけてきちゃったんです。

ドМというかチャレンジャーというか、、

でもそういう人間性にひかれて西野さんの冒険を見続けているファンは多いはずです。

状況確認【劇場版ポケモンのこれまでの軌跡】

https://twitter.com/pokemon_movie/status/1290979670704312321?s=20

えんとつ町のプペルがポケモンに勝てるかどうか知るために、まずは『劇場版ポケットモンスター』がこれまでどれくらい楽しまれているかを知っていきましょう。

劇場版ポケットモンスターは、1998年に【ミュウツーの逆襲】で映画化したところから、

2020年で通算23作品も続く超人気シリーズです。

 

そもそも、

  • 20年以上も毎年映画公開されていること
  • 『ポケモン』という世界的ヒット作品であること
  • 世代を超えて大人も子供も楽しめる作品であること

など、とにかくぶっちぎりに強い作品であることは明白です。

 

えんとつ町のプペルを知らない人はけっこういる

のに対して、

ポケモンを知らない人はほとんどいない

という圧倒的不利な状況。

地力の差はとんでもないですし、今年のポケモンももちろん大ヒットはほぼ確定です。

『映画 えんとつ町のプペル』に感じる3つの勝機

ポケモンの圧倒的力をまざまざと感じさせられたところで、

西野さん率いる『映画 えんとつ町のプペル』に感じる勝機

について考えていきましょう。

 

一見絶望的な状況にも見えますが、3つの観点から僕は勝機を感じています。

1.ファンを巻き込んだPR

オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』では、

毎日2000~3000文字くらい、西野さんが本気の記事を書いてます。

ただただ文字数ばかり膨張した記事ではなく、

  • 世界で通用する
  • まだ誰も答えを知らない
  • 世界一面白いことを成し遂げるまでの

軌跡を血と汗のにじんだ文章で届けられるんです。

 

僕も毎日見て刺激を受けている一人なのですが、こういったオンラインサロンを土台にして、お客さんがお客さんを呼ぶPRを打ちまくっています。

ふつうの作品だとクオリティでの単純勝負になりがちなのですが、お客さんが映画を周りの人に宣伝したくなるように設計しているところが勝機ポイントだと感じています。
(もちろんクオリティでも勝負できることに自信はあるそうですが)

ネットでの広告はもちろん、ポスターの画像データを無料でダウンロードできるようにして、あらゆるところに張ってもらえるようにしています。

参考

※詳しくは西野さんのTwitter固定ツイートにて

2.有名人・インフルエンサーたちからの援護射撃

えんとつ町のプペルのすごいところは、数々の有名人やインフルエンサーたちからたくさんの援護射撃を受けているところです。

作品の魅力、西野さんの人脈、価値観への賛同が相次いでいるのです。

 

今回は代表して2人ご紹介します。

①【YouTube講演家】鴨頭嘉人

YouTube講演家として、チャンネル登録者数100万人を超える『鴨頭嘉人』さんもその一人です。

先日は、西野さんと対談していて、その思いに僕もかなり心動かされました。

 

②【オリエンタルラジオ】藤森慎吾

お笑いコンビ【オリエンタルラジオ】のチャラ男こと藤森慎吾さんもめちゃくちゃ応援しています。

先日『西野亮廣エンタメ研究所』のYouTubeチャンネルでは、こんな動画がアップされました。

めちゃくちゃ仕上げたえんとつ町のプペル応援ラップは、

本気すぎるからこそ逆におもしろくすらあります(笑)

 

こういった面々からの援護射撃によって、西野さんやえんとつ町のプペルを知らなかった層にもリーチできています。

3.公開初日からのロケットスタート

最近は西野さんがYouTubeライブやVoicyなどで念仏のように、

12月25日は空けておいてください!

と言っています。

つまり公開初日のロケットスタートにめちゃくちゃ賭けてるんですよね。

 

これは、「最初飛ばして逃げ切ろう」ということもあるかもしれませんが、個人的にはもう少し違う意図があるのではと思ってます。

正直な話、どれだけ準備して、どれだけPRしても届かない人には届かないんです。

公開するまでにできることには限界があるということですね。

 

しかし、映画公開して初日から爆速で動員数が上がると、

そんなに人気の作品なら観に行ってみようかな

という層が一定数いるんです。

かくいう僕もどちらかというとこれに当てはまります(笑)

 

こういう人には事前にいくら広告が流れていても関係ありません。

ヒットしている

面白いと話題になる

じゃあ一回くらい観てみようかな

ってなるんです。

初日に賭けて突っ走る作戦は、ポケモンに勝てるかなり有効なものといえるでしょう。

12月25日は映画館に行こう!

ここまでいろいろ話をしてきましたが、僕の言いたいことはたった一つ。

12月25日は映画館に『映画 えんとつ町のプペル』を観に行こう!

ということです。

 

ポケモンに勝ってほしい

というのもあるんですが、そんなことよりも何よりも、

  • 願えば叶うこと
  • 上を見て生きること
  • 多くの人に作品が届くこと

が実現する世界でありたいなと思っています。

やっぱりそういうやさしい世の中がいいです。

 

まるで自分の作品かのように話していますが、それくらい自分事にさせる魅力があるんですよね。

だまされたと思ってみんなで12月25日からロケットスタートの後押しをしていきましょう!

おわりに

今回は、

【映画 えんとつ町のプペル】がポケモンに勝ってほしい!

という思いの丈を綴ってみました。

 

とっても強敵ですが、決して勝てない戦いではありません。

泣いても笑っても12月25日まであとわずか!!

本記事が少しでも『映画 えんとつ町のプペル』の後押しになっていれば幸いです。

 

以上となります。

-Other
-, , , , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5