プログラミングスクール

【インターネット・アカデミー】サーバー講座でLPIC受験に備えよう

インターネット・アカデミーのサーバー講座が気になっています。どんな人が受けるべきか、また価格に見合う結果が得られるかが知りたいです。

そんな疑問に回答します。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • サーバー講座の概要
  • サーバー講座をオススメする人
  • サーバー講座を学ぶ時の問題点
  • サーバー講座の受講の流れ
  • サーバー講座にかかる料金

 

本記事を書いている僕は、エンジニア歴10年以上の現役エンジニアです。

現在はフリーランスエンジニアとしてシステム開発をしています。

僭越ながら同じエンジニアとして、インターネット・アカデミーの『サーバー講座』を紹介していきますのでよかったら最後までご覧ください。

 

メモ

もっと詳しく知りたい人は無料カウンセリングを受けてみてください。

カウンセリングだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

無料カウンセリング

 

【インターネット・アカデミー】サーバー講座でLPIC受験に備えよう

今回紹介するのは、プログラミングスクール大手インターネット・アカデミーで展開されている『サーバー講座』です。

「Linuxの運用ノウハウを学びたい」

「LPIC資格の勉強方法がわからない」

そんな方の参考になれば幸いです。

 

サーバー講座とは



 

まずは『サーバー講座』とはどんなコースなのかを説明します。

インターネット・アカデミーの公式HPでは以下のように紹介されていました。

この講座では、インターネット関連のサーバーで50%以上の圧倒的シェアを持つ「Linux(リナックス)」を用いて、サーバーの基礎知識からネットワーク管理、サーバー構築、運用などを体系的に学習します。さらに、長期的な運用を行うためのノウハウや、トラブル発生時の対応方法など現場のテクニックも網羅。また、Linuxの技術者認定資格であり、「IT技術者が取得したい資格」として8年連続でNo.1に選ばれている(※)「LPIC」の試験対策も行います。
※出典 IT media

引用元:サーバー講座 | インターネット・アカデミー

 

詳しくは後述もしていきますが、

  • 未経験でもOK
  • 56時間でLinuxを基礎から学び、運用に必要なノウハウを習得できる
  • LPICの試験対策ができる
  • 各分野に精通したプロであるインストラクターのサポートあり
  • 授業スタイルは「ライブ授業」「マンツーマン授業」「オンデマンド授業」の3タイプから選択可能
  • 就職や転職、在宅ワーク、副業などのキャリアサポートあり

という手厚い内容になっています。

 

未経験や初心者の方にとっては、Linuxだとかサーバー運用と聞くととてもハードルが高く感じるものです。

これだけサポート体制が整っているのは不安な人にとってありがたいですね。

 

サーバー講座はこんな人にオススメ

ここからは、サーバー講座をオススメしたい人がどんな人なのかについてです。

1.Webサーバーの運用知識を基礎から学びたい方

大小さまざまなWeb制作の案件が、世の中にたくさん出されています。

サーバー講座を受講することで、Webサーバーの運用知識を基礎から学ぶことができます。

現在エンジニアだけどLinuxを触ったことがないという方は特に、今後のキャリアの幅を広げるきっかけにできます。

初めてさわると難しいと感じることもあるかもしれませんが、カリキュラムを進めることで確実にLinuxの運用スキルが身についていきます。

 

2.エンジニア知識を身につけたいWeb担当者の方

Webサイトは制作して終わりではありません。

日々使用していくなかで、さまざまなトラブルが発生したりします。

 

サーバー講座では、サーバーのログ確認や緊急時対応を学ぶことができます。

エンジニア知識を身につけて、他の担当者と差を付けたいWeb担当者の方にはおすすめです。

 

3.LPIC資格の取得を目指す方

LPICとは、Linuxの技術者認定資格です。

サーバー講座では、世界共通基準で認定されている同試験の対策まで実施してくれます。

 

「LPIC資格を取得したいけど勉強方法がわからない」

「LPICの参考書を独学するだけでは不安がある」

そういった資格取得を目指す方はぜひ受講を検討してみてください。

LPIC公式HPはこちら

 

サーバー講座を学ぶ時の3つの問題点【解決方法あり】

「Linuxをやってみたことはあるけど難しかった」

「これまでWebサーバーを運用したことがない」

そんな方たちに向けて、問題となりうることが3つあるので先にお伝えしておきます。

 

いずれも解決可能ですが、学習開始する前に分かっておきたいポイントとなります。
サカイ

「インターネット・アカデミーを実際に受講した人の評判・口コミを知りたい!」

「インターネット・アカデミーを受けるメリット・デメリットを知りたい!」

そんな方はこちらの記事もご覧ください。

【インターネット・アカデミー】評判・口コミ徹底調査!良い?悪い?実態を丸裸にします

1.運用保守を学習する機会がない

身近にサーバー運用について相談できる人がいないと独学するしかありません。

プログラミングスクールは東京をはじめとした首都圏に集中していて、授業料が高額になるスクールが多いですよね。

 

サーバー講座なら、現場を熟知したプロフェッショナルたちがインストラクターとしてマンツーマンでサポートする体制も整っています。

完全オンラインで講義を受講することが可能なので、地方住まいの人もネット環境さえあれば学習を継続することができます。

 

2.モチベーションが維持できず続かない

独学でLinux学習をすると、どこから始めていいかわからないし何がわからないのかもわからないような迷子状態になりがちです。

調べても答えにたどり着くまでにものすごい時間がかかったり、答えにたどり着けないことさえあります。

 

サーバー講座なら、オンライン質問対応サービスがあります。

Zoomを使用し、自宅からインストラクターに授業やテキストの質問ができます。

分からないことや不安なことは包み隠さず伝えましょう。

モチベーションを保ちながら学習を進めることが可能です。

 

3.仕事の獲得方法がわからない

スキルを習得したとしても、どうやって案件を獲得すればいいかわかりませんよね。

「実際に案件獲得できるかわからない」

「案件獲得にどんな準備をすればいいのかわからない」

初めてのLinux学習の場合、未経験だからこそ何もかもが難しく感じてしまいますよね。

 

サーバー講座なら、学習サポートに加えてキャリアサポートも行ってくれます。

なんと受講生一人ひとりに専任のキャリアプロデューサーがつくんです。

受講中や受講後も、就職や転職、在宅ワーク、副業などのサポートを担当してくれます。

ご自身の努力ありきではありますが、ここまでサポートが手厚いと未経験からスタートしても安心ですね。

 

サーバー講座の受講の流れ

サーバー講座に申し込んで、どういった流れで学習が進んでいくのかを紹介します。

1.無料カウンセリング~本申し込み

まずはインターネット・アカデミーのサーバー講座サイトから申し込みをしましょう。

こちらよりHPにアクセスしたら、画面上部の無料カウンセリングボタンをクリックしてください。

アクセスすると申込フォームがありますので、必要事項を記入して申し込み完了まで進めます。

 

注意

フォームで記入したメールアドレス宛に連絡が来ますので、ドメイン受信設定の確認をしましょう。

設定によってはうまく受信できなかったり、迷惑メール扱いになってしまうことがあります。

 

カウンセリングは、校舎に来校しての実施か、オンライン上でのビデオ通話かを選べます。

当日の所要時間は約90~120分です。

 

ポイント

「思っていたのと違った」「そんな話は聞いてない」とならないように、カウンセリング時に聞きたいことは事前にまとめておきましょう。

何も考えずに当日を迎えると双方にとって無駄な時間になってしまいますよ。

 

2.プログラミング学習開始

学習環境が整ったら、あとは学習あるのみです。

まずは、実際にシステムを実装しながらカリキュラムを進めていきます。

 

サーバー講座では、3つのサーバーを実際に作り、段階的にスキルを身に付けることができます。

ネットワークの基礎知識から始まり、Webサーバーやデータベースサーバーについて、その運用方法やノウハウなどLinuxに携わるうえで必須のスキルが学べます。

どの技術もWebサーバー運用・保守を仕事にする上で欠かせない要となるものなので、わかるまで繰り返し学習して自分のものにしていきましょう。

 

ここまで学習を進めてWebサーバーを運用する経験を積んでいくと、ログ確認やセキュリティ対策をしっかりマスターできます。

自分の作ったサイトを、自分で運用できるようになるとうれしいですよ。

 

3.実案件に挑戦

サーバー講座のカリキュラムを終了したらいよいよ実案件に挑戦です。

せっかくスキルを身に付けたのに、実案件がうまくいかなかったら元も子もありません。

 

 

サーバー講座では、専門スクールならではの充実のキャリアサポートがあります。

ここまでサポートしてくれるのは非常にうれしいですよね。

 

サーバー講座にかかる料金

とても良いコースなのはわかったけどどれくらい費用が掛かるのかが気になります。プログラミングスクールって高額なところが多いので不安です・・・。

 

【重要】料金は¥277,200(税込)

サーバー講座にかかる料金は以下の通りです。

 

受講時間は計56時間でご自身のペースで学習を進められます。

 

一括払いで277,200円

分割で月々払い(詳しくは無料カウンセリング時に問い合わせしてみてください)

のいずれかかで支払い手続きを行いましょう。

 

おすすめは短期学習

受講時間は56時間とありましたが、どのくらいの期間で学ぶといいでしょうか?

こんな疑問を持つ方も多いでしょう。

 

現役エンジニアの立場から見ると、なるべく短期集中して学習するのがもっともおすすめです。

なぜなら、どうせ学ぶなら短期間に集中したほうが成長スピードは早いから。

 

Linuxの習得には時間がかかるものです。

サポートしてもらえる期間が長いほうが習熟度はたしかに高くなる傾向にあります。

しかし、受講時間が56時間と決まっているなら短期で集中したほうが結果的に早く習得できるでしょう。

 

例えば、1日2時間学習すると決めると、

56時間 = 2時間 × 28日

ということで、約1ヶ月弱かければカリキュラムが終わります。

学習する時間をしっかり確保して、Linuxスキルをしっかり身に付けましょう。

 

サーバー講座のコスパを計算

前述の通り、サーバー講座の料金は277,200円です。

約28万円という金額は決して安いものではありません。

正直すぐに手が出るものではないですよね。

 

28万円とだけ聞くとぶっちゃけ高く感じるので、コスパがいいのかを計算してみましょう。

56時間で277,200円なので、1時間当たりに換算すると4,950円です。

将来の大きな結果を得るために、1時間5,000円弱の投資というのは決して高すぎはしないのではないでしょうか。

 

ぶっちゃけ安いスクールを探そうと思えば、いくつか見つけることはできると思います。

ただ、実績充分で認知もされているインターネット・アカデミーなので、なにかと安心して受講することができそうです。

 

サーバー講座を含むその他のコース

インターネット・アカデミーでは、各講座を自分でカスタマイズして受講することも可能です。

学びたいことが明確になっている方は、サーバー講座と合わせてその他のコースを学んでいくことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

参考までに、サーバー講座を含んでいるその他のコースを紹介します。

複数のスキルを一気に学習したい方は、無料カウンセリング時に相談してみるといいでしょう。

 

コース名だけ見てもイメージが湧きにくいと思います。

「デザインとサイト制作を学びたい」

「制作したサイトのサーバー運用までやりたい」

「プログラミングを理解した上でサイト制作がしたい」

など、求めている状態を思い描きましょう。

 

無料カウンセリング時にこれらを担当者の方に相談して、あなたに合ったコースを受講するのがもっとも最適です。

 

おわりに【まずは無料カウンセリングから】

今回は、『【インターネット・アカデミー】サーバー講座でLPIC受験に備えよう』というテーマでお話してきました。

 

Linuxスキルをイチから習得するまではとても長く感じますし、はじめは特に難しくて挫折しそうにもなるでしょう。

しかし、毎日一歩ずつ学習を積み重ねれば確実にスキルアップしていきます。

本記事で紹介したことが、サーバー講座の受講を検討している方にとって参考となっていたらうれしい限りです。

 

メモ

もっと詳しく知りたい人は無料カウンセリングを受けてみてください。

カウンセリングだけなら完全に無料なので、さくっと利用させてもらいましょう。

\最短1分で申し込み完了/

無料カウンセリング

 

本記事は以上となります。

  • この記事を書いた人

サカイユウヤ

1986年生まれ 茨城県出身 ▶ 大学で福島県へ ▶ 就職で東京 某IT系SIer企業で丸7年勤務 ▶ 独立してフリーランスエンジニア ▶ 2020年7月ブログスタート(SE歴は10年以上) ●趣味:漫画、読書、お酒

-プログラミングスクール
-, , , , , , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5