Comic LIFE

【HUNTER×HUNTER】中田敦彦も絶賛の人気漫画をレビュー

おなやみくん
『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』って休載が当たり前になりすぎて内容忘れかけてます。改めてどんな物語なのか振り返る機会が欲しいです。

そんなお悩みに答えます。

 

本記事を読むと以下のことがわかるようになります。

本記事でわかること

  • ハンターハンターのかんたんなあらすじ
  • ハンターハンターの魅力
  • ハンターハンターの今後の展開予想

 

本記事を書いている僕はこんな人です。

メモ

  • 34歳
  • 漫画オタク
  • ジャンプ系、マガジン系を中心に少年・青年漫画大好き
  • 漫画大好き歴30年弱

 

ハンターハンターという漫画を読んだことがないという人も、タイトルを一度や二度くらい聞いたことがあるはずです。

あの週刊少年ジャンプで現在も連載中の作品であり、1998年から連載している長寿漫画ですからね。

 

ただ、他の作品と一線を画しているのが、『ハンターハンターは連載期間よりも休載期間のほうが長い』という点です。

 

・・・・・・!!!

そんなことあります???!!

 

休載が続いたら普通は打ち切りになったり、無理やり終わらせるものです。

でもハンターハンターは違います。

この後語っていきますが、それだけ熱烈なファンたちがいて、続きが気になっているから休載が許されているんです。

 

前置きが少し長引いてしまいました。

ここから、改めてハンターハンターの魅力を話していこうと思います。

 

ポイント

中田あっちゃんのYouTube動画を見て既にコミックスを買いたくなっている人はこちらからどうぞ!

【HUNTER×HUNTER】中田敦彦も絶賛の人気漫画をレビュー

2021年4月24日。

芸人ユーチューバーのトップに君臨するオリラジ中田敦彦さんが、顔出し復帰回のテーマにハンターハンターを持ってきました。

 

「満を持してこれを語る時が来たか!」と興奮した後に、僕も筆を走らせて本記事を書いています(笑)

まだ観てない方はこちらの動画もぜひご覧ください。

 

前後編約6時間に及ぶ超大作!

あっちゃんのハンターハンター愛が伝わりました。

ハンターハンターについては僕も語りたいことがたくさんあるので、その魅力とともにみなさんに届けばという思いで書き綴っていきます。

あらすじ

まずはどんな物語なのかをかんたんに振り返っていきましょう。

 

Amazonの第1巻商品ページに記載されているあらすじを引用します。

父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるため試験を受ける、レオリオ・クラピカ・キルアと共に、次々と難関を突破していくが…!?

引用元:HUNTER×HUNTER

 

『主人公であるゴン=フリークスが父・ジンを探すためにハンターを目指す』

一言でいうとこんな物語がハンターハンターです。

 

面白そうっちゃ面白そうですが、たったこれだけではハンターハンターの魅力はわかりません。

ゴン、キルア、クラピカ、レオリオを中心に、冒険をしながら成長をして、協力し合いながらそれぞれの目的のために突き進んでいきます。

冒険を続ける中で訪れる壁の深いこと深いこと・・・。

ひとつの冒険の裏には膨大な物語が入り組んでいて、大人から子供まで多くの世代が楽しめる作品になっています。

 

ここからは、僕が思うハンターハンターの魅力を3つのポイントに分けて語っていきます。
さかい

ハンターハンターの魅力①休載も許される圧倒的面白さ

冒頭でも話した通り、ハンターハンターはその連載期間をほとんど休載期間として過ごしています。

20年以上連載が続いていて、2021年4月現在で最新36巻です。

同時期に連載開始したワンピースはもうそろそろ100巻に届くというところなので、その休載期間の長さをわかっていただけるのではないでしょうか。

 

でも、それでもいいんです。

ハンターハンターの世界にどっぷり浸かったファンたちは、この休載期間ですら楽しめる身体になってしまっているんです。

  • 連載再開後の展開はどうなる?
  • いまだに謎になっているあの伏線はこういうことなんじゃないか?

などなど、読者たちの間で想像を膨らませる時間ができています。

膨らませるのに時間を使いすぎ感は否めませんが、でもそれだけ話しても話しきれないくらいにハマったいる人たちが多数いるということの証明だといえるでしょう。

 

連載20年以上続いていても、単行本36巻なら追い付けそうですよね?

むしろすぐ追い付いてしまって、続きが気になる病を発症してしまうかもですのでご注意ください。

ハンターハンターの魅力②念能力を駆使したバトル

ハンターハンターを語るうえで欠かせない設定が【念能力】です。

いわゆるバトル漫画によく登場する特殊能力系の類です。

 

ドラゴンボールでいえばスーパーサイヤ人やかめはめ波などの『気』。

ジョジョでいえば『スタンド』。

ナルトでいえば『チャクラ』。

 

数々の漫画で見てきた特殊能力ですが、念能力のすごいところはすべての特殊能力を体系立てて作りこんでしまったということです。

  • 強化系や変化系など、能力のカテゴライズ
  • 能力ごとの性格分析
  • 能力の得意・不得意

「なんとなくエネルギー波打てちゃった」みたいなノリは一切なく、すべて論理的に説明されてます。

 

たしかに複雑!!!

でも、だからこそおもしろいんです!!!

ハンターハンターの魅力③複雑で緻密に作りこまれた設定

ここまで読んでいただければ感じる通り、ハンターハンターは非常に複雑で緻密に設定が作りこまれています。

富樫先生もだてに休載期間が長くありません。

ひとたび連載を開始したら、「この人の頭ん中どうなってるんじゃ?」というくらい設定ができあがってるんです。

 

例えば、作中中盤に登場する『グリードアイランド編』。

グリードアイランドというハンター専用ゲームがあり、VRのようにゲーム空間で冒険をしていくところがあります。

 

あくまでもハンターハンターという漫画を盛り上げるひとつの設定。

にもかかわらず、グリードアイランド内で使用できる遊戯王的なカード一つ一つを全部設計し、グリードアイランド編の中で綺麗な伏線回収までやりきってます。

もはや【グリードアイランド】というもう一つの漫画があってもいいくらい。

 

「神は細部に宿る」なんて言われますが、富樫先生の頭の中は宇宙のように広大で、スーパーコンピューターのような処理速度で動いてるんでしょうね。

いやー、もう少し長期連載することにそのパワーを使ってくれても・・・いいんだよ?笑

ハンターハンターの今後について考える

現在休載中のハンターハンターですが、物語は暗黒大陸編という舞台を走っている真っ最中であります。

暗黒大陸編ではクラピカが主人公として動いており、ゴンやキルア、レオリオはいっさい出てきていません。

一応、主人公だった気もするんですが・・・💦

 

暗黒大陸編がどうなるか、というよりは、ハンターハンターという作品が今後どんな方向に進んでいくのかを少し予想してみました。

 

ゴンの当初の目的であった『父・ジンに会う』というのは実は既に叶っています。

ということはつまり、ゴンにこれ以上冒険する理由は今のところないんですよね。

もちろん、ジンに会った時に「世界は広いぜ。もっと見てみろよ。」的なことを言われてるので冒険が続くことも考えられますが。

 

同じくレオリオも『医者になる』という目的を果たしてるので、冒険する理由は特にありません。

キルアに関しては、最初から目的というほどの目的があるキャラではないので、「ゴンがいくならオレもいく!」という感じでしょう。

 

だとすると、主要キャラの中でいまだに目的を果たせていないのはクラピカのみなんです。

『同胞のクルタ族を抹殺した【幻影旅団】をつぶす』、これだけが唯一叶っていないので、これは間違いなく描かれる流れと言えるでしょう。

 

そしてクラピカの目的まで達成されると、、、もしかして完結?という連載終了も見えてくるんじゃないでしょうか。

とにもかくにも、連載されないと話がまったく進まないので、気長に待ちつつも生きている間に完結を見届けたい思いでいっぱいです(笑)

まとめ【次の連載再開までに振り返ろう】

今回は、『【HUNTER×HUNTER】中田敦彦も絶賛の人気漫画をレビュー』というテーマでお話ししました。

 

話をまとめると、

ポイント

  • ハンターハンターめっちゃおもしろいよ!
  • 休載しまくってるけど許されるくらいファンがいるよ!
  • 伏線とか設定がえげつないくらい複雑だよ!
  • 連載再開をみんな待ってるよ!

ってことです。

 

今後の展開やいつ連載再開するかが気になるところではありますが、今できることはしっかり読み込んで妄想を膨らませるということだけです。

「また読み始めてみようかな」という方は、まずは一巻からどうぞ。

 

 

アニメ化もしてるので、アニメから入りたい人はこちらから。

 

本記事は以上となります。

-Comic, LIFE
-, , , , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5