BUSINESS IT

【本音】未経験からフリーランスエンジニアになることは不可能です!

おなやみくん
未経験なんですけど、フリーランスエンジニアになることってできますか?

そんなお悩みに回答します。

 

結論から言うと、未経験でフリーランスエンジニアになることは【不可能】です。

その理由と、未経験でもフリーランスエンジニアになれる唯一の方法もお伝えします。

 

筆者の経歴

さかい

  • 大学では機械工学専攻で、社会人1年目未経験からシステムエンジニアとして就職。
  • 新卒正社員で入社した1社目に約7年勤務。
  • 8年目から独立してフリーランスエンジニアになる。
  • 2020年6月でフリーランスエンジニア歴丸4年。

 

未経験からフリーランスエンジニアになることは不可能?

冒頭で「未経験からフリーランスエンジニアになることは不可能です」という話をしました。

まずこの発言について補足をします。

楽して稼げる世界ではない

先日こんなツイートをしました。

「未経験からフリーランスエンジニアになれますか?」と聞いてくる人の大前提は、「スキルも経験も能力もないけどなれますか?」ということだと思います。

あなたが得意とすることで置き換えていただいたらわかりやすいと思います。

例えば、プロ野球選手に対して、

おなやみくん
バットもグローブも触ったことないですけど、プロ野球選手になれますか?

と聞いたらどんな回答が返ってくると思いますか?

「未経験でもなれるよ!」と回答するでしょうか?

きっとしませんよね。

 

フリーランスエンジニアに対しても同じことが言えます。

今手持ちの武器がないのに「戦える」とは、プロから言うことができません。

これが現実です。

 

その点踏まえた上で、未経験のあなたがフリーランスエンジニアになるために必要なことを挙げていきます。

①勉強が必要

まずフリーランスエンジニアになるのであれば、IT業界やWebの仕組み、プログラミング言語などなど勉強することが盛りだくさんです。

「これを勉強したら完璧!」といった裏技は存在せず、シンプルに努力量がものをいう世界です。

日々進化するテクノロジー分野ですので、勉強する習慣は生き残っていくための必須事項だと僕は考えています。

②成長が必要

やみくもに努力しても成果にはなりません。

毎日、毎月少しずつでもいいので、成長していることがとても大切です。

「努力はしてます!でもまったく成長してません!」だと、せっかくの努力が水の泡です。

  • ネットワークの基礎が理解できた
  • 簡単なPythonのソースを読めるようになった
  • Webの仕組みを人に説明できるようになった

など、具体的な言葉にできる成長であればより良いでしょう。

③継続が必要

努力と成長するマインドを身に付けたら、あとはそれをひたすら継続あるのみです。

継続してる人には誰もかないません。

もっとも効果的な成長につながりますし、多くの人が継続できないので周りと大きな差をつけることができます。

継続するためには、

  • 毎日〇時に勉強する
  • 誰かと一緒にやる
  • 定期的に成果報告する仲間を作る
  • 〇〇をやる前に必ず1ページ本を読む

など、仕組化が必要です。

自分の意志だけではどうしても続かないので、続けざるを得ない仕組みを作ることが大切です。

ここまでの大前提を踏まえた上で、ここからは未経験からフリーランスエンジニアになるための方法を順を追って説明していきます。
さかい

未経験からフリーランスエンジニアになるための唯一の方法

心構えをしっかり持った上で、やるべきことは自分の得意分野を作ることです。

”システムエンジニア”と聞くと、知らない人からすると一緒くたんにされがちですが、じつはけっこう幅の広い分野だったりするんです。

なので、自分が戦うべき戦場を決めて力を身に付けると効果的です。

得意分野を決める

システムエンジニアの分野を大きく分けると以下の3つです。

得意不得意は未経験の時点でほとんどわからないと思うので、ここからの分野を見てみてなんとなくでいいのでどこが良さそうかを決めておいてください。

①フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、その名の通りフロントエンドを専門としているエンジニアのことです。

「フロントエンドってなんやねん!」という方のために説明すると、フロントエンドとはWeb画面においてユーザから見える部分のことを指します。

プログラミング言語でいうところの「HTML」とか「CSS」とかがこの分類に属しています。

これはけっこうわかりやすいですよね。

画面の構成や見た目の部分を主に作るのがフロントエンドエンジニアの役割です。

②バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアとは、フロントエンドとは逆に「ユーザーから見えない部分」を作っているエンジニアのことです。

見えない部分というとわかりにくいかもしれませんが、例えばよく見る「検索ボタン」を例にして説明します。

検索ボタンの見た目やレイアウトはフロントエンドエンジニアの役割です。

一方、検索ボタンがクリックされたときの、実際の検索処理(検索キーワードをもとにデータベースから情報を取得してきて表示する)を作っているのがバックエンドエンジニアです。

プログラムのコードが表示されたコンピューターのイラスト

一見すると地味な仕事なのですが、システムの裏方を支える大黒柱と考えると、かなり重要な役割です。

「Java」とか「PHP」のような言語を使っている人がバックエンドエンジニアといえるでしょう。

③インフラエンジニア

最後はインフラエンジニアについてです。

これもその名の通り、インフラを構築や運用・保守しているエンジニアのことです。

システムにおけるインフラとは、フロントエンドやバックエンドエンジニアたちが開発をするための土台を作っている人たちです。

Webサイトを構築する際に必ず必要になってくるのがサーバーなのですが、そのサーバーの設計~構築~保守をするのが一般的なインフラエンジニアです。

クライアントサーバ型ネットワークのイラスト

自社で保守しているサーバーや、近年ではAmazonの提供するAWSやMicrosoftの提供するAzureなど、仮想サーバーの利用が増えてきている印象ですので、これらの外部サービスについて詳しくなっていく必要があります。

得意分野の技術を身に付けたところで、フリーランスとして戦っていくために必要な周りとの差別化について話していきます。
さかい

周りと差をつける

会社員として働くうえでは、基本的に仕事は上司から与えられることが多いでしょう。

しかし、フリーランスエンジニアとして稼いでいくのであれば、それだけではその他大勢の中に紛れてしまいます。

周りとの差別化を計り、差をつけることができたら単価アップ交渉などもしやすくなります。

 

①「できます」と断言する

できるかどうか正直不安な時でも、「できます」と断言することが大切です。

正社員だったら多少ダメダメだとしても、会社としてはその人のクビを切ることはなかなかできません。

一方で、フリーランスエンジニア相手の場合、使えないと判断したら会社側は簡単に契約を切ります。

使えないコストにお金をかける必要はありませんから、それが合理的な判断と言えるでしょう。

なので、「〇〇ってできますか?」と聞かれた際は、「できます!」とまず答えましょう。

手を挙げる男の子のイラスト

答えた後で、どうやったらできるのかを必死に考えればいいのです。

考えるなかで技術力もおのずと付いてきますし、なんとかする力も身につきます。

人間必死になればなんとかなるものなので、なんとかしてやりましょう(笑)

日本人はけっこうここができていない人が多いので、「できます」の一言だけで周りとかなり大きな差をつけることができます。

 

②レスポンスを早くする

連絡のスピードをとにかく意識しましょう。

1日後にメール返信するとか、はっきり言って遅すぎます。

恋愛のかけひきじゃないので、仕事の場合はとにかくレスポンス早いことが大きな強みになります。

取引先からしても、聞いたらすぐ答えてくれるエンジニアには信頼を置きやすいです。

Eメールを送る男性のイラスト

SlackやChatworkなどのチャットツールを導入している企業も増えてきているので、レスの速さをチャットでも見せるのは重要でしょう。

「連絡取りやすい人」という印象をつけるのは、フリーランスエンジニアとしてかなり重宝されます。

 

③3割完成で報告する

完璧主義な人は要注意です。

資料作成やシステム構築において、お客さんははやく状況を知りたいのです。

全部自分が思い描いている100%の状態になるまで見せなかった場合、差戻などがあった時の軌道修正が非常に大変です。

商談のイラスト

「時間かかってせっかく見たのに、全然方向性が違うじゃないか」とお客さんからの評価も下がってしまいます。

まずは3割程度の状態で報告をして、方向性の認識を合わせたり進んでいることを目で見てわかるようにするのができるといいでしょう。

 

スキルアップする

ここまでは精神論や大枠について話をしてきたので、ここからは具体的なスキルアップについて話をしてきます。

自分にスキルさえあれば、面談や仕事の交渉時に自信をもって自分を売り込むことができます。

①独学で学ぶ

自分一人で勉強できるぞという人は、がっつり独学で学んでいきましょう。

これができる人はかなり強いです。

受験勉強を一人で黙々淡々とやってきた方はこの方法でいけるでしょう。

僕も最近改めてエンジニアとしての基礎を学び直そうと思い、本を買って勉強したりしています。

最近もこういった基礎的なスキルを学び直そうと思ってこういった本で学習してます。

なんでもいいので、プログラミングやエンジニアに関連する書籍を購入して勉強することをお勧めします。

②スクールに通う

パソコンを使う学生のイラスト(女子)

「一人では勉強できない」と自信をもって言える人は(自信持たれても困りますが!笑)、スクールに通ってスキルアップしましょう。

一人じゃできないけど、周りに自分と同じような状況の人がいると、不思議と集中出来たりするものです。

近所に学べる場所がある方はそちらでもいいですし、DIVE INTO CODEなどネットで調べて見つかるようなスクールでもいいでしょう。

だいたいのスクールには無料体験があったりするので、まずはお試しで参加してみてよさそうだったら続けるとかでもいいのではないでしょうか。

 

③オンライン講座で学習する

オンライン授業を受ける学生のイラスト(男性)

自宅でオンラインで学習したい方は、オンライン講座も近年ではたくさんあるのでこちらもスキルアップにオススメです。

TechAcademyなど、最近話題のオンライン完結型サービスはたくさんあります。

こちらも無料体験ができるみたいなので、まずはお試しからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

フリーランスエンジニアの魅力

ここからは、フリーランスエンジニアを丸4年経験してみて感じる魅力について共有していきます。

自由な働き方ができる

万歳をして喜ぶ人のイラスト(男性)

フリーランスエンジニアというのは、最近話題のジョブ型雇用に近いようなイメージです。

なので、良くも悪くも案件ごとに企業を移っていったりします。

企業からの印象が良ければそのまま継続するなどありますが、とにかく企業と対等な立場で仕事ができるので自由度が高いです。

ここでいう自由とは、肉体的な自由度もそうなんですが、精神的な自由度のほうが個人的には魅力的です。

「働くの毎日つらい」「明日から会社か~」みたいなことがほとんどないので、精神的な自由を得られたのはフリーランスになって良かったことです。

 

高単価案件が多い

臨時収入に喜ぶ家族のイラスト

「人生お金じゃない」とは思いますが、でも資本主義社会で生きていく以上お金の問題は切っても切れないことです。

収入が上がるとできることの幅も広がりますし、前述の精神的自由にもつながります。

フリーランスエンジニアになると高単価の案件が多いので、そこはかなり良いところでしょう。

スキルが身につく

テクノクラートのイラスト

「手に職をつけろ」とはよく言ったもので、技術があるとつぶしが利きます。

フリーランスエンジニアというと不安定な印象を持つ方もいるのかもしれませんが、技術を身に付けていればまた正社員に戻ることも容易です。

特定の会社でしか通用しないスキルなんかではなく、どの会社でも役に立つスキルが身につくので、結果的に安定したビジネス人生を送ることができるでしょう。

 

まとめ

今回は、「未経験からフリーランスエンジニアになるのは不可能ですよ」という厳しい現実の話をしました。

その言葉の裏には、”努力してスキルアップする意思なしに”楽してなれるものではないという思いがありました。

めちゃくちゃ努力する必要がある前提で、頑張りさえすれば未経験からフリーランスエンジニアになることは夢物語ではないでしょう。

いつまでに達成するのかという期限と、いっしょに目指す仲間をしっかり決めて、そのためにスクールやオンラインサロンなど今あるサービスを活かしていきましょう。

-BUSINESS, IT
-, , , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5