Comic LIFE

【感想】漫画『adabana 徒花』【控えめに言って最高な作品】

おなやみくん
『adabana 徒花』って漫画が気になっています。読んでみたいんですが、ネタバレしない程度に感想とか聞きたいです。

そんなお悩みに答えます。

 

本記事を書いている僕はこんな人です。

メモ

  • 34歳
  • 漫画オタク
  • ジャンプ系、マガジン系を中心に少年・青年漫画大好き
  • 漫画大好き歴30年弱

 

王道のヒーローものやスポーツものから異色の作品まで、これまで数々の漫画を読んできました。

そんな僕が最近注目する作品を紹介します。

 

その名も、

adabana 徒花

 

徒花と書いて【あだばな】と読みます。

『ハレ婚。』や『デリバリーシンデレラ』などの作品で知られる漫画家・NONさんの最新作です。

本記事ではadabanaを読んだ感想や、その魅力について語っていきます。

 

よかったら最後までご覧ください。

ポイント

感想を聞く前に読んでみたい!という方はこちらからどうぞ。

たぶん、めっちゃハマります!!!


【感想】漫画『adabana 徒花』【控えめに言って最高な作品】

はじめにadabanaの簡単なあらすじを紹介して、その後に僕が思う魅力について話していこうと思います。

あらすじ【ネタバレなし】

Amazonの商品ページに記載されているあらすじがわかりやすかったので引用します。

雪積もる小さな町で、猟奇的な殺人事件が起こる――。身体を切断された被害者は女子高生・五十嵐真子。そして、犯人として警察に自首して来たのは、同級生の藍川美月。犯行を供述する美月だが、そこにはある違和感が…!? 闇に抗う2人の少女の“秘密”をめぐる、リアル・サスペンス!!

引用元:adabana 徒花(上)

 

グランドジャンプに掲載されている同作ですが、青年誌ということもあり話はやや難しめです。

ひょっとしたらお子さまには理解しづらい部分もあるかもですが、大人が読んだらきっとハマります。

殺人事件とか身体を切断とか、物騒な言葉が並んでいますが、だまされたと思って上巻だけでも読んでみてください。

 

ここからは、僕が思うadabanaの魅力を5つのポイントに分けて語っていきます。
さかい

adabanaの魅力①冒頭数ページで引き込まれる画

作者のNONさんの公式Twitterアカウントにて、冒頭数ページが公開されています。

まずはこちらご覧ください。

 

『絵のきれいさ』

『少女の意味深な涙』

『ハレ婚。』、『デリバリーシンデレラ』のときからNON先生の描く女子たちは可愛いと評判でしたが、adabanaでももちろん可愛い女子たちの絵は健在です。

ここからの42ページはほんっっとーに一瞬で読み終えることができます。

それくらい物語に引き込まれるんですが、その理由はこの冒頭数ページでしょう。

 

何を隠そう、僕はこの数ページをTwitterで見て即購入を決めた口です(笑)

同じ気持ちになった人もいるのでは・・・??

adabanaの魅力②映像化を見越した(?)設定

読めば読むほど感じるのですが、adabanaは映画やアニメなどの映像化をとてもイメージしやすい作品です。

NON先生ははじめから映像化を見越してこの設定を作りこんだのでは?と感じさせるシーンが各所に見られます。

 

アニメ化がイメージできる漫画作品はたくさんありますが、実写もアニメも両方イメージできる作品となると少なくなってきますよね。

ワンピースやドラゴンボールの実写化というのは多くの人がイメージできないはずです。

(ハリウッドでドラゴンボールの実写化がありましたがなかなかの酷評でしたし・・・)

 

主人公が女子高生であり、物語の舞台が山形県の山奥ということもあり、実際に撮影をしようと思えばすぐにでもできそうです。

下巻まで発売されて、人気がさらに加速すれば自ずと実写化という話にもなってくるでしょう。

一ファンとして応援していきます!!

adabanaの魅力③上品なサスペンス作品

本作はサスペンスに分類されているのですが、僕個人の感想としてただのサスペンスというよりは『上品な』サスペンスだなという感想を持ちました。

「じゃあ下品なサスペンスってどんなだよ?」と聞かれそうですが、その区別に具体的な指針は無いんです。

なんとなく、といったら語彙力がなさすぎますが、なんだか上品な感情を抱くんですよね・・・。

NON先生のものにも同じような感想が寄せられているようです(笑)

 

主人公のミヅキとマコ2人の行動には一貫した正義感というか、芯というか、そんな筋の通った一貫性を感じます。

精神的にも肉体的にも不安定な高校生という年齢にも限らず、お互いのためを思っているが故のまっすぐな思いがこの上品さを感じさせているのでしょうか。

adabanaの魅力④3巻に凝縮された濃密なストーリー

冒頭でもお伝えした通り、adabanaは全3巻の上中下巻で完結します。

下巻はこれから発売(2021年06月21日頃の発売予想 ※参考URL)なのですが、3巻で完結するにしてはかなりいろんな伏線がちりばめられています。

本当に下巻で完結するのかちょっと不安ではありますが、この疾走感は一冊の小説を読んだような、そんな感覚に近い気がします。

4巻まで突入してしまっても大歓迎ですよ(笑)

 

  • ミヅキの行動の真意は?
  • マコはなぜ死ななければならなかったのか?
  • 暁裕樹の目的は?
  • ミヅキ、マコの家庭環境は?

その他浮かび上がってきた謎を上中下巻で回収して、読後にどんな感情になるのかが今から楽しみです。

adabanaの魅力⑤著名人も注目

adabanaに注目しているのは僕のような一般人だけではありません。

著名人たちの中でもadabanaの魅力にハマっている人たちを発見しました。

今夜はまとめて可愛がってやろう

#adabana

adabana、中巻もやばすぎる、下巻まで待てる気がしない…。たぶん映画化とかまでしそう!

今上巻が無料だから読んでもらいたいです!ものすごいサスペンス。

 

アーティスト活動をしているHydeさん、起業家として注目を集めるけんすうさんなど、adabana旋風は著名人たちにも広がっています。

これだけ発信力のある方たちが注目をすると、彼らのファンにも広がって、ファンの友人にも広がって、といった感じでどこかで確変してもおかしくありません。

 

けんすうさんも映画化予想していますが、僕らが注目すればするほど映画化までの道のりは近づいていきます。

たのしみだな~~。

徒花について考える

物語の結末も気になるところですが、タイトルに含まれた意味についても考えてみました。

『徒花』という言葉、日常生活で聞く機会はありませんよね。

 

調べてみると、こんな意味でした。

咲いても実を結ばずに散る花。転じて、実 (じつ) を伴わない物事。むだ花。「徒花を咲かす」「徒花に終わる」

季節はずれに咲く花。

はかなく散る桜花。あだざくら。

引用元:goo辞書

 

ミヅキとマコの行動には徒花に関連するなにかしらの意味が込められているということは予想できます。

実を結ばずに散ってしまう結末になるのか、季節はずれにまつわる結末になるのか、はかなく散ってしまう結末になるのか・・・。

 

いずれにしてもポジティブな感じではなく、少し寂しげな、儚げな、そんな思いに包まれてしまいそうですね。

楽しみで早く読みたいような、でもなんだか読みたくないような、複雑な気分になってきました。。。

まとめ【人気は加速して、映画化しますよ】

今回は、『【感想】漫画『adabana 徒花』【控えめに言って最高な作品】』というテーマでお話ししました。

 

話をまとめると、

ポイント

  • adabanaめっちゃおもしろいよ!
  • 絵がめっちゃきれいだよ!
  • 物語にめっちゃ引き込まれるよ!
  • きっと映画化するよ!
  • たくさんの人が注目しているよ!

ってことです。

 

2021年1月現在中巻まで発売しています。

まずは上巻を読んでみて、続きが気になったら中巻まで購入してみてください。

上巻まで読んだら中巻も絶対に読みたくなりますが(笑)



本記事は以上となります。

-Comic, LIFE
-, , , , ,

© 2021 さかこじぶろぐ Powered by AFFINGER5